もういちど 歌詞

歌:都はるみ

作詞:佐藤よしお

作曲:佐瀬寿一

いつの日か 忘れかけていた
思い出たち
揺れてる 胸のすき間を
吹き抜けてく

あてもなく歩き続け
暗闇に迷っても

私だけを愛してほしい
もういちど歌って 私の風

たまらなく 泣きたくなるよな 星の夜は
涙を 堪えきれずに 彷徨ってる

やさしさを忘れかけて
微笑みに疲れても

私だけを照らしてほしい
もういちど見つめて 私の星

悲しみに 何も見えず
人生に怯えても

私だけを愛してほしい
もういちど歌って 私の風

私だけを照らしてほしい
もういちど見つめて 私の星

都はるみについて

昭和38年 第14回コロムビア全国歌謡コンクール優勝 昭和39年 「困るのことョ」でコロムビアレコードよりデビュー 「アンコ椿は恋の花」(星野哲郎・詩 市川昭介・曲)がミリオンセラーとなる。 同曲で第6回日本レコード大賞・新人賞を受賞 昭和40年 「涙の連絡船」が2作目のミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦に初出場 昭和51年 「北の宿から」で、日本レコード大賞、日本歌謡大賞の両賞を受賞 昭和55年 「大阪しぐれ」で、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。レコード大賞史上初の三冠王達成
もういちど のCD・楽譜
ロングコンサート 1998.2.16 大阪・松竹座
【収録曲】・浪花恋しぐれ・道頓堀川幻夢のえれじい小樽運河大阪しぐれ・ふたりの大阪・大阪セレナーデ・もういちど浮草ぐらし・王将一代小春しぐれ(浪曲歌謡篇)・一番逢いたい人・冬の星座・千年の古都・惚れちゃったんだヨ・男が惚れなきゃ女じゃないよ・古都逍遥・相聞歌・戦争と平和~閻魔堂のテーマ PART2・女の海峡・涙の連絡船北の宿から草枕海峡の宿夫婦坂・邪宗門・好きになった人・エンディング~別雷のテーマ
20世紀ベスト
【収録曲】・困るのことヨ・てれちゃう渡り鳥・アンコ椿は恋の花・さすらい小鳩・巡礼小鳩・よさこい鴎・馬鹿っちょ出船・よさこい鳴子踊り・あんこ船・涙の連絡船アラ見てたのね・まんまる音頭・初恋りんごっこ・ふるさと音頭・さよなら列車・白樺に涙あり・好きになった人おんなの海峡北の宿から雨やどりしあわせ岬大阪しぐれ浮草ぐらしみちのく風の宿金沢の夜東京セレナーデ裏町ごころ道頓堀川総司絶唱渡り鳥仁義夫婦坂小樽運河千年の古都BIRTHDAY夢でもいいから一番逢いたい人つくしんぼ古都逍遥花の乱草枕ふるさとよもういちど海峡の宿深夜劇場ふたりの夫婦星大原絶唱氷雪原野散華
都はるみロングコンサート 天に歌、地に歌、人に歌
【収録曲】・オープニング「故郷の廃家より」(インストゥルメンタル)・古都逍遥・流れ星・一番はじめは・かごめかごめ・赤とんぼ・里の秋・とうだいもり・朧月夜・背くらべ・夏は来ぬ・我は海の子・鬼と地蔵と子供たち(インストゥルメンタル)・山中節・王将一代 小春しぐれ(波曲歌謡編)・まんまる音頭・故郷を離るる歌・半玉さん・アンコ椿は恋の花おんなの海峡涙の連絡船北の宿から・浪花恋しぐれ・草枕夫婦坂・流れ星(インストゥルメンタル・千年の古都あなたの隣りを歩きたい好きになった人・アジア伝説・もういちど・エンディング「家路より」(インストゥルメンタル)

都はるみの人気歌詞
愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 ...

千年の古都

約束もなく 日が暮れて 衣笠山に 一番 ...

好きになった人

さよなら さよなら 元気でいてね 好き ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

おんなの海峡

別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

さよなら海峡

死ぬなんて わたしバカですか 聞けば群 ...

道頓堀川

小雨がそぼ降る 道頓堀に 涙でともる ...

しあわせ岬

しあわせになりたいなァ 愛する人の胸に ...

枯木灘 残照

両手(もろて)にて君が冷えたる頤(おとが ...

ふるさとよ

遥かなる 山よ河よ この瞳 閉じれば ...

つくしんぼ

破れ傘でも ふたりでさして 肩をすぼめ ...