花と嵐 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:水木れいじ

作曲:叶弦大

花と嵐の うき世の河を
越えてあなたと 十余年
過ぎてしまえば 泣いたあの日も 想い出話
そうよ今夜は うす紅さして
つきあいましょうね あなたの酒に

酔えばしんみり 私の膝で
ひとつ覚えの 子守唄
いまも心で 詫びているのね かさねた親不孝
次の彼岸は 故郷帰り
つきあいましょうね あなたの旅に

ついて来いとは 言えない人の
うしろ姿が いじらしい
まわり道でも 生命よせあう この倖せを
そっと噛みしめ いついつまでも
つきあいましょうね あなたの夢に
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...