火の酒 歌詞

歌:島倉千代子

作詞:遠藤実

作曲:遠藤実

あの人が あの人が
身体のこわれそうな せつなさを
おしえた ひとよ
火の酒 火の酒 飲みたいよ
もっともっと もっともっと 酔いたいの
駄目なのね 私って 情けに弱いのね
おバカさんよ ひとりの男に惚れて
深酒しては 朝になる
火の酒 飲みたいよ
こころの痛み とんでゆけ

人の世は 人の世は
男と女の 芝居だね
幕切れ悲し
火の酒 火の酒 飲みたいよ
もっともっと もっともっと 酔いたいの
誰かとネ 誰かがサ いいことあってもね…
いいじゃないか ひとのこと 私はわたし
いのちの流れに 身をまかす
火の酒 飲みたいよ
おんなの涙 華になれ

火の酒 飲みたいよ
おんなの涙 華になれ

島倉千代子について

昭和29年 第5回コロムビア歌謡コンクールに出場し「涙のグラス」を歌って優勝、専属となる。 昭和30年 『この世の花』でデビュー 。昭和32年 NHK紅白歌合戦初出場。 東京だよおっ母さん、からたち日記、人生いろいろ、などヒット多数。
島倉千代子の人気歌詞
人生いろいろ

死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ ...

東京だよおっ母さん

久しぶりに 手をひいて 親子で歩ける ...

愛のさざなみ

この世に神様が 本当にいるなら あなた ...

美しき天然

空にさえずる鳥の声 峯より落つる滝の音 ...

りんどう峠

りんりん りんどうの花咲くころサ 姉サ ...

この世の花

あかく咲く花 青い花 この世に咲く花 ...

鳳仙花

やっぱり器用に 生きられないね 似たよ ...

恋しているんだもん

小指と小指 からませて あなたと見てい ...

からたち日記

こころで好きと 叫んでも 口ではいえず ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...

夢飾り

この世に男が 住む限り 女は男の 夢飾 ...

風になる

天高く鳥の声 大空を翔けてゆく 果て ...

逢いたいなァあの人に

島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙 ...

思い出さん今日は

目隠しした手を 優しくつねり あたしの ...

東京だヨおっ母さん

久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける ...

涙の谷間に太陽を

ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに ...

待つわ

かわいいふりしてあの子 わりとやるもん ...

人生はショータイム

眠りそびれた真夜中 サングラスをかけて ...

ほんきかしら

ほんきかしら (好きさ大好きさ世界で君 ...

ふたりだけの胸に ふたりだけで刻んだ ...