ごむたいな 歌詞

歌:香西かおり

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

昨日の夢は月のように
夜が明ければ 消える
残った愛しさは
いつになれば 消える

女の想いは 燃え尽きるまで

いっそ死ねと言って ねえ あなた
別れ告げられるよりも いっそ死ねと言って
今 ここで ひとりきりは ごむたいな

心の中は月も見えず 深い闇だけ 続く
信じたその道は 愛の崖に続く

女の一途は 命 賭けるほど

生きる意味がないわ ねえ 私
二度と 愛せないならば 生きる意味がないわ
明日から あなたなしは ごむたいな

いっそ死ねと言って ねえ あなた
別れ告げられるよりも いっそ死ねと言って
今 ここで ひとりきりは
ごむたいな ごむたいな

香西かおりについて

昭和49年 11才の頃より民謡教室に通う。昭和50年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール入賞。昭和51年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール準優勝。 昭和56年 第四回NTV日本民謡大賞優秀賞受賞。 昭和56年12月~昭和59年12月CBSソニ-で専属歌手契約を結び民謡のシングルを3枚発売。昭和57年 高校卒業後、太陽神戸銀行入社。昭和61年 上京、作曲家 聖川 湧氏に師事、演歌の勉強に取り組みデビューに備える。 昭和63年 5月25日 『雨酒場』にてデビュー。 
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

契り酒

逢えば情けが 深くなる 逢わなきゃ あ ...

風恋歌

逢わずに行こうか 顔みて行こか こころ ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

岬宿

いつのまにやら チラチラと 点る灯りが ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

とまり木夢灯り

貴方の夢に 虹をかけたい 一緒に渡ると ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

望郷十年

遠い夕陽に 哭く木枯らしが 胸であなた ...

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わ ...

思案橋ブルース

哭いているような長崎の街 雨に打たれて ...

秋田ポンポン節

カモメ~ もうすぐ帰る 夜が明ける ...

最北航路

北の最はて 船追いかけて カモメ一羽が ...

口紅模様

捨てずじまいの 古い口紅 鏡をのぞいて ...

秋恋歌

盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに ...

片寄せ波

波は寄せても 返しはしない そんな悲し ...

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数 ...

白い雪

あなたの優しさに 甘えている自分がいる ...