ひろしま、そして雨ン中 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:三宅 立美

作曲:船村徹

男ごころを冷たく濡らす
夜のひろしま 雨ン中
好きでした生命をかけた恋でした
その君が 遠くへ
お嫁にゆくと聞かされて
泣いて歩きました…
京橋 あたり

生きる望みも 崩れて消えて
傘もささずに 雨ン中
夢でした虹より淡い恋でした
死ぬよりも 辛いと
囁く君を 抱きながら
ふたり歩きました…
比治山あたり

汽笛悲しい ひろしま港
船の灯りも 雨ン中
駄目でした 思い出だけの恋でした
二人して よく来た
待合室の レストラン
ひとり飲んでいます…
忘れるために
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...