Olympicは火の車 歌詞

歌:久保田利伸

作詞:久保田利伸

作曲:羽田一郎

Trying 真夜中の吐息
To do what To do what To give me a dream
Trying 震えるこぶし Get on
To do what To do what To give me a dream

灯かりさえも よどんでもれる (Tru Lu Tu)
そこが奴らの 溜まり場さ (Tru Tru Tu Tu)
怯えた 街の中から (Tru Lu Tu)
今消える 奴らの 姿 (すがた)

Trying 街を刺激する
To do what To do what To give me a dream
Trying ガラスの風の中 Get on
To do what To do what To give me a dream

虚しさ残して 当てもなく (Tru Lu Tu)
笑いも強がる 路地裏で (Tru Tru Tu Tu)
失くした明日を 捜してる (Tru Lu Tu)
立ち上がる 勇気を求めて

Go away somewhere man
Go away somewhere man
Go away somewhere man
Go away somewhere man

虚しさ残して 当てもなく (Tru Lu Tu)
笑いも強がる 路地裏で (Tru Tru Tu Tu)
失くした明日を 捜してる (Tru Lu Tu)
立ち上がる 勇気を求めて

Trying 真夜中の吐息
To do what To do what To give me a dream
Trying 震えるこぶし Get on
To do what To do what To give me a dream
Trying Trying Let me trying
burnin' heart Get on
To do what To do what To give me a dream
Trying Trying Let me trying
burnin' heart Get on
To do what To do what To give me a dream…

久保田利伸について

1986年「失意のダウンタウン」でデビュー。日本人離れしたファンキーなリズム感で本場のR&B、ブラック・ミュージックを一般リスナー層にまで浸透させた。 1986年「タイム・シャワーに射たれて」「流星のサドル」1987年「クライ・オン・ユア・スマイル」など、軒並みヒット・チャートに送り込んだ。1993年、アメリカへ渡り、1995年には米<Columbia>レコードよりTOSHI KUBOTAで、全編英詞によるアルバム『サンシャイン、ムーンライト』をリリース。1996ナオミ・キャンベルとのデュエットが話題を呼んだ「ラ・ラ・ラ・ラブ・ソング」1998年「AHHHHH!」2000年「ポリリズム」は、TV番組とのタイアップもあり、大ヒットを記録した。
Olympicは火の車 のCD・楽譜
久保田利伸の人気歌詞
Missing

言葉にできるなら 少しはましさ 互いの ...

You Were Mine

あわせた胸のあいだに 夜を落として ...

LOVE RAIN ~恋の雨~

止まらない雨が 恋が降らせた雨が ふた ...

LIFE

特別だった出会い 叶わなかった願い 静 ...

流星のサドル

※夜を越えてゆくのさ 流星のサドルで ...

Cry On Your Smile

涙さえも こらえて あどけなく 気をそ ...

その人

こんな夕焼けに 包まれてしまうと 分け ...

声にできない

こんな想いの 果てに待つものを 憶えて ...

Cymbals

いいさ いいよ ためいきついても 新し ...

You Go Lady

You know what? I'm r ...

雨音

瞳を こらえたまま 心濡れて 駆けて行 ...

TIMEシャワーに射たれて

シートに抱かれて 夜明けを待ってる ル ...

JAM fo' freedom

Jam Jam Jam Babylon ...

永遠の翼

大空に羽ばたく 鳥のように 銀色の翼を ...

Candy Rain

※止まらない想いが 夜を止める 聞こえ ...

So Beautiful

You are so beautiful ...

Club Happiness

Rock the house! Whol ...

夢 with You

このまま心を告げないままで 時の風をう ...

Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI

声は 音に成らずに 消えた そのまぶた ...

Indigo Waltz

※今も悲しみ消えないけど時の流れ信じよう ...