夜の雪 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:石本美由起

作曲:櫻田誠一

噛んでください こゞえる指を
雪がまっ赤に 染まるほど
恋に堕ちても 結ばれぬ
罪な別れを 怨みます
燃えて 燃えて 燃え残る
炎かなしい 夜の雪

抱いてください 名残りの夜を
肌が吐息が 未練です
涙ひとすじ 真心に
うつす瞳が 灯びが
消えて 消えて 消えて行く
運命かなしい 夜の雪

切ってください いのちの髪を
叫ぶ声さえ 雪に舞う
遠いあなたを 追いかけて
すがる想いが なお募る
夢が 夢が 夢が散る
女かなしい 夜の雪

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

棄てたあなたにまた惚れて

灯り落とせば部屋の扉を あなたが叩いて ...

大阪ごころ

泣けばあなたが 帰るなら 涙 涸れても ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

冬の駅

好きになるのが 罪ならば 罪に泣いても ...

命の花

このままおそばにおいて下さい 冷めたす ...

せめてもう一度

紅を落とした このくちびるが 乾いた思 ...

みんな夢の中

恋はみじかい 夢のようなものだけど ...

心のらくがき

忘れるために 今夜も飲みました ひとり ...

涙川

女がひとり 許して泣いて 流す涙が 川 ...

未来への歌

誰もが一度は思う 違った人生を 生まれ ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

大阪ふたりづれ

(大阪ふたりづれ) あなたに寄り添い ...

女ひとりの日本海

女がひとりで 旅することを あなたわか ...

京都ひとり

冬の京都の街は ひとりが寒い 恋の終わ ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...