草枕 歌詞

歌:都はるみ

作詞:吉田旺

作曲:徳久広司

人の世の
夢にはぐれて 行きくれて
孤りつぐ酒 ひりひりと
やつれた胸に 傷口に
泣けよとばかりに しみわたる

振りむけば
咲かず終いの 恋いくつ
みれんほろほろ 盃に
おもかげ浮かべ のみほせば
やるせぬ想いよ とめどなく

歳月の
流れ行くまま 流れ去る
人の旅路の 儚さを
身にしみじみと 抱くとき
侘しや夜雨の 草枕

都はるみについて

昭和38年 第14回コロムビア全国歌謡コンクール優勝 昭和39年 「困るのことョ」でコロムビアレコードよりデビュー 「アンコ椿は恋の花」(星野哲郎・詩 市川昭介・曲)がミリオンセラーとなる。 同曲で第6回日本レコード大賞・新人賞を受賞 昭和40年 「涙の連絡船」が2作目のミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦に初出場 昭和51年 「北の宿から」で、日本レコード大賞、日本歌謡大賞の両賞を受賞 昭和55年 「大阪しぐれ」で、日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。レコード大賞史上初の三冠王達成
都はるみの人気歌詞
北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

好きになった人

さよなら さよなら 元気でいてね 好き ...

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

千年の古都

約束もなく 日が暮れて 衣笠山に 一番 ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

総司絶唱

「死んじゃいやです」 「バカを言うなよ ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

晩秋の駅

「俺が選んだ 女(ひと)だよ母さん」 ...

おんなの海峡

別れることは 死ぬよりも もっと淋しい ...

裏町ごころ

あなただけよと すがって泣けば 苦労し ...

BIRTHDAY

悔いのない人生を送りたいと 星を見て願 ...

螢の宿

溜息つくたび光るよな 迷い蛍のふたりで ...

紅い花

雨の降る日は 寄りそう傘が あれば寒さ ...