海の城下町 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:星野哲郎

作曲:井上かつお

窓の外には 色とりどりの
片帆花咲く 相模灘
浮かれ模様の たそがれどきは
少し派手目な 帯しめて
あなた待ちます あなた待ちます
海の城下町

みんなあげたら 嫌われそうで
すねて気まずい 一夜城
女ごころの 鎧の紐は
もっとやさしく らんぼうに
解いて欲しいの 解いて欲しいの
好きなあなたから

夜をひきずる 小夜着の袖で
朝を哀しむ 女もいる
涙おさえて あなたを送る
駅のホームを 吹き抜ける
風が切ない 風が切ない
海の城下町
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...