舞姫 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

霧けむる瓦斯灯の火が
君の瞳の涙を照らすものすべて灰色の街
ぬぎ捨てた靴だけ紅いよ 「死にましょう」
ため息まじりの冗談に
「死ねないよ」 年月だけがあとずさる

舞姫舞姫 都会の夜を今 駆け巡る
恋という名の舞踏会

舞姫 君は手足が 舞姫 そう折れるまで
踊りつづけるつもりだね

鞄へと夢をつめこみ 君は来た
このみぞれ街 三日後に東京湾から
吹く風に髪も凍えた 「愛しましょう」
心を絞って叫んでも
「愛せないよ」 顔をそむける人ばかり

舞姫舞姫はじめて君を見た
居酒屋で涙相手に踊ってたね

舞姫 不幸は女を 舞姫 美しくする
男をそこにくぎづける

透き通る硝子の肌を抱きしめて
あたためたかった でもそれが優しさなのか
愛なのかわからぬままに「死にましょう」
女の瞳の切っ尖に
「死ねないよ」 淋しさだけが押し黙る

舞姫舞姫君の寝床にレモンを置いて
今夜遠くに旅立つよ

※舞姫 人は死ぬまで 舞姫 運命という
糸にひかれて踊るのさ※

(※くり返し)
吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...