イメージの詩 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

これこそはと 信じれるものが
この世にあるだろうか
信じるものがあったとしても
信じないそぶり
悲しい涙を流している人は
きれいなものでしょうね
涙をこらえて 笑っている人は
きれいなものでしょうね

男はどうして 女を求めて
さまよっているんだろう
女はどうして 男を求めて
着飾っているんだろう
いいかげんな奴らと 口をあわして
俺は歩いていたい
いいかげんな奴らも 口をあわして
俺と歩くだろう

たたかい続ける人の心を
誰もがわかってるなら
たたかい続ける人の心は
あんなには 燃えないだろう
傷つけあうのが こわかった昔は
遠い過去のこと
人には人を傷つける力があったんだろう

吹きぬける風のような
俺の住む世界へ 一度はおいでよ
荒れはてた大地にチッポケな花を一つ
咲かせておこう
俺もきっと君のいる太陽のあるところへ
行ってみるよ
そして きっと言うだろう
来てみて良かった 君がいるから

長い長い坂を登って 後を見てごらん
誰もいないだろう
長い長い坂を下りて 後をみてごらん
皆が上で手をふるさ
きどった仕草がしたかったアンタ

鏡をみてごらん
きどったアンタが映ってるじゃないか
アンタは立派な人さ

空を飛ぶのは鳥に羽があるから
ただそれだけのこと
足があるのに歩かない俺には
羽も生えやしない


激しい激しい恋をしている俺は
いったい誰のもの
自分じゃ言いたいのサ
君だけの俺だと 君だけのものなんだよと
裏切りの恋の中で
俺は一人もがいている
はじめから だますつもりでいたのかい
僕の恋人ヨ

人の命が絶える時が来て
人は何を思う
人の命が生まれる時には
人はただ笑うだけ

古い船には新しい水夫が
乗り込んで行くだろう
古い船を 今 動かせるのは
古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように
新しい海へでる
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを

いったい
俺たちの魂のふるさとってのは
どこにあるんだろうか
自然に帰れって言うことは
どう言うことなんだろうか
誰かが言ってたぜ
俺は人間として自然に生きているのさ
自然に生きるって わかるなんて
なんて不自然なんだろう

孤独をいつの間にか
さびしがりやと感違いして
キザなセリフをならべたてる
そんな自分をみた
悲しい男と悲しい女の
いつもひとりごと
それでもいつかは
いつものように 慰めあっている

吉田拓郎について

和製ボブディランと呼ばれ、70年代に一世を風靡した偉大なるシンガーソングライター。 鹿児島生まれだが55年に広島に転居。広島商科大卒。70年に上京し、同年「イメージの詩」でデビュー。72年「結婚しようよ」が大ヒット。「フォークの神様」と呼ばれた。74年に森進一に提供した「襟裳岬」が日本レコード大賞受賞。86年12月に女優森下愛子と結婚。
吉田拓郎の人気歌詞
今日までそして明日から

私は今日まで 生きてみました 時には誰 ...

ある雨の日の情景

バスが止まって[並木道に]外は雨がふって ...

唇をかみしめて

ええかげんな奴じゃけ ほっといて くれ ...

午前0時の街

そよぐ風が僕の髪を通りすぎて 街がいつ ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

祭りのあと

祭りのあとの 淋しさが いやでも やっ ...

落陽

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線から ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

シンシア

なつかしい人や町をたずねて 汽車を降り ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

たどり着いたらいつも雨降り

疲れ果てている事は 誰にも隠せはしない ...

恋唄

あなたのくちびるの風と雨 あなたのまな ...

元気です

誰もこっちを向いてはくれません 一年目 ...