酒場舟 歌詞

歌:森進一

作詞:麻生香太郎

作曲:蘭世

苦労かけたね 身勝手だよね
おまえばかりを やつれさせたね
愚痴もこぼさず ただひとすじに
この日を待って 肩寄せて
ゆらり ゆらゆら 酒場舟
男の数だけ ふるさとがある
男の数だけ 初恋がある
ヤレヤ エンヤラ 酒場舟

どんな小さな 街でもいいね
明日が視えれば それでいいよね
舵を漕ぐのは ひとりじゃないよ
男と女 いつの世も
ゆらり ゆらゆら 酒場舟
女の数だけ ふるさとがある
女の数だけ かなしみがある
ヤレヤ エンヤラ 酒場舟

ついて来たのは おまえじゃないさ
俺の方だよ いつも今でも
溺れかかった この俺の手に
ほっとするよな 白い指
ゆらり ゆらゆら 酒場舟
夜明けの数だけ おもいでがある
夜明けの数だけ やすらぎがある
ヤレヤ エンヤラ 酒場舟

森進一について

1966 6月「女のためいき」でビクターレコードよりデビュー。デビュー曲としては驚異的な35万枚の売り上げを記録。1967 9月「命かれても発売。12月「盛り場ブルース」発売。レコードの売り上げ急上昇で、TBS「歌のグランプリ」、フジTV「ヒット速報」などのヒット賞を獲得。1968NHK紅白歌合戦初出場。1974「襟裳岬」発売、大ヒットとなる。この年「襟裳岬」で日本レコード大賞、日本歌謡大賞ほかを受賞。1980年女優の大原麗子と結婚するが、84年に離婚。1986年歌手の森昌子と結婚。2005年離婚。
酒場舟 のCD・楽譜
全音 歌謡曲大全集(5) (プロフェショナル・ユース)
【収録曲】・合鍵愛染橋愛の始発愛の終着駅愛の条件愛の水中花愛のメモリー愛はかげろう青い珊瑚礁青葉城恋唄灯りが欲しい亜紀子あきらめないであきらめワルツ明日の詩あしたも小雨あずさ2号あなただけをあなただけをあなたに生きるあなたに命がけあなたの妻と呼ばれたいあばよ雨やどり雨…雨の東京雨の慕情アメリカン・フィーリングあれから一年たちました安奈E気持いい日旅立ちいい日旅立ちいたわりいたわりあい一緒に暮らそういとしのエリー命燃やして異邦人イミテイション・ゴールドWAKE UPウォンテッド (指名手配)浮草ぐらしうしろかげS・O・S追いかけてヨコハマOH! ギャル大阪しぐれ大阪ものがたり大阪ラプソディーお加代ちゃん奥飛騨慕情贈る言葉落葉が雪に男の人生乙女座宮おまえさんおまえさんおまえとおれおまえとふたりお店ばなし重いつばさおもいで河おもいで酒想い出のスクリーンおもいやりおやじの海お嫁にゆけないわたし女だから女の街角女はそれを我慢できないおんな港町帰ってこいよカサブランカ ダンディ風は秋色勝手にしやがれ勝手にシンドバッド勝手にシンドバッド我慢できないわカメレオン・アーミーかもめが翔んだ日鴎という名の酒場かもめはかもめ硝子坂カリフォルニア・コネクションカルメン '77関白宣言季節の中で北寒港北国の春北へきみの朝君のひとみは10000ボルト今日は雨銀河鉄道999九月の雨唇よ、熱く君を語れグッドラック狂った果実恋歌恋しくて恋人よこの空を飛べたら西海ブルースサウスポー酒場川酒場でDABADA酒場舟防人の詩酒は男の子守唄さすらい未練SACHIKOさよならさよならさようならの彼方へさよならの向う側サンセット・メモリーサンタモニカの風305の招待席倖せさがしてしあわせ未満時間よ止まれ四季の歌失恋記念日しなやかに歌って謝肉祭酒季の歌秋止符順子昭和たずねびとジョニーの子守唄白いパラソル蜃気楼新宿慕情新宿・みなと町人生かくれんぼ人生峠沈丁花針葉樹・スニーカーぶる~す・青春時代惜春セクシー・ナイトセクシャルバイオレット No.1September蝉時雨センチメンタル・カーニバルそんな女のひとりごとそんなナイト・パブ大都会だけど…たそがれマイ・ラブたった二年と二ヶ月で他人酒旅の終りに人生の空からダンシング・オールナイトダンシング・ オールナイト暖流チェリーブラッサムチャンピオン津軽海峡冬景色紬の女Do It BANG BANG道化師のソネットトゥナイト透明人間遠くで汽笛を聞きながらTOKIO時には娼婦のようにどこへ帰る東京砂漠東京ららばいとまり木飛んでイスタンブールナイヨ・ナイヨ・ナイト長い夜渚のシンドバッド泣きぬれてひとり旅夏にご用心夏のお嬢さん夏の扉涙の朝憎みきれないろくでなし虹とスニーカーの頃女房きどりぬれて大阪熱愛能登半島How many いい顔ハッとして!GOOD・ハッとして! Good・花から花へと花しぐれパープル・シャドウハリウッド・スキャンダルハリケーンハリケーンパールカラーにゆれて春咲小紅万里の河・万里の河・彼岸花日暮れ坂美・サイレント人妻ひとりひとり上手ビードロ恋細工火の国へビューティフル・エネルギー風雪ながれ旅不思議なピーチパイふたりぐらしふたり酒ふたりづれふたりの夜明けふたりはひとり二日酔いブーツをぬいで朝食を舟唄ブランデーグラスブルーふるさとの祭りブルージーンズメモリープレイバック Part2ペガサスの朝ヘッドライトペッパー警部ほおずきぼくの妹に星の砂星降る街角ほたる草ポーラー・スター街角トワイライトまちぶせ窓ガラス守ってあげたい迷い道みずいろの雨湖の祈り水鏡Mr.ブルー ~私の地球~水割りみちづれみちのくひとり旅港ひとり唄港町絶唱港夜景みんな誰かを愛してる迎えに来てよ昔の名前で出ていますむさし野詩人夢想花夫婦酒夫婦舟めぐり逢い紡いでめぐり逢いふたたびメモリーグラスメランコリーもう一度もう一度逢いたいもう一度一から出なおします燃えろいい女もしもピアノが弾けたなら木綿のハンカチーフ盛岡ブルースモンスターモンテカルロで乾杯やさしい悪魔ヤマトより愛をこめてゆきずりUFO夢追い酒夢先案内人夢去りし街角夢一夜夜明け夜明けのタンゴ夜明けの街よこはま物語夜のめぐり逢いよろしかったらRIDE ON TIMELast SongLOVE(抱きしめたい)ランナ・ウェイ林檎殺人事件ルビーの指環ロックンロール・ウィドウわかって下さい別涙わかれうたわかれ川わかれ酒別れたそうね別れてひとり別れても好きな人別れの宿忘れてほしい私の歌わな
森進一スペシャルCDボックス“感謝”(DVD付)
【収録曲】・女のためいき・東京みれん・女の波止場・女の酒場・女の岬命かれても盛り場ブルース・湯の町の女・花と蝶ひとり酒場で年上の女港町ブルースおんな花と涙波止場女のブルース望郷おふくろさん冬の旅襟裳岬さらば友よ雨の桟橋東京物語林檎抄雪よおまえはきみよ荒野へ新宿・みなと町酒場舟恋月夜東京みなと命あたえてそれは恋哀愁行路冬のリヴィエラ冬桜モロッコ待たせたね人を恋うる唄昭和流れうた女もようわが故郷は心のふるさとゆうすげの恋十六夜舟悲しいけれど挽歌の街から京都去りがたし冬の桑港指輪うさぎ夢をつづけて移り香風のエレジー酒無情泣かせ雨愛しい人よ悲しい歌が流行ります劇場の前わるいひと夢をかざってふたり坂うそつき土俵の鬼ひとすじの白い道泣きむし東京それは恋女恋港悲しみの器薄雪草夜の無言北のふるさとライラ ライ女心女の愛昭和最後の秋のこと裏切り語りかけウイスキー色の街で終列車雨の空港運河狼たちの遠吠えさらば青春の影よはな

森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

北の螢

山が泣く風が泣く 少し遅れて雪が泣く ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

さらば友よ

このつぎの汽車に乗り 遠くへ行くと あ ...

ゆうすげの恋

ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に ...

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上 ...

ひとり酒場で

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな ...

望郷

女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ ...

それは恋

朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ ...

花と蝶

花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけ ...

京都去りがたし

比叡おろしの吹く夕暮れは 仕方ないほど ...

冬の旅

ある日何かで これを読んだら 恋人 あ ...

あるがままに生きる

理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許 ...

女のためいき

死んでも お前を 離しはしない そんな ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

さらば青春の影よ

こらえきれない空よ 降り出す雪に 過 ...