みちのくの女 歌詞

歌:大川栄策

作詞:菅原 萬

作曲:古葉 一晃

川の瀬音が 身に沁みる
湯の香懐かし 温泉町
鳴子 作並 秋保峡(あきうきょう)
燃えた情けの 仮の宿
ああ 忘られぬ みちのくの女

日暮れ寂しい 山間に
ゆれる湯けむり 恋運命
蔵王 赤倉 上の山
春に背いて 散る花に
ああ 風が哭く みちのくの夜

肩に冷たく 降る雨が
山をけむらす 奥州路(おうしゅうじ)
酸ケ湯 奥入瀬(おいらせ) 岩木川
霧に消えゆく 想い出の
ああ 君いずこ みちのくの女
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

絆川

あなたとこの世で 逢うために 生まれて ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

はぐれ舟

今日も誰かが 泣いている 泣けば涙の  ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

かえり花

季節はずれの たんぽぽと そっと指さす ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

みれん雨

悪い男でも 別れて見れば みれんこぼれ ...

未練なんだぜ

ひたひたと降る雨の 雨のごとくに 狂 ...

浪花ことぶき

所帯を持ったその年に 連れ合い亡くし  ...

舞酔い雪

忘れていたのに 諦めたのに 今頃なぜに ...

東京流転笠

まっぴら御免なすって 手前 生まれつい ...

わたしのソウル

アンニョン ハセヨ わたしのソウル ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

酔いぐれすずめ

暖簾を潜れば 頑固なオヤジがまたひとり ...