北の恋歌 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:新條カオル

作曲:安形 和巳

ダンチョネの流れる港町で あなたと暮らして
ダンチョネの聞こえる夜に あなたと別れた
炎えて生きても こごえる宿命
世間はぐれた 恋だった
北国の はまなすが
旅にこぼれてヨ
胸を刺す ダンチョネ

ダンチョネのおもいで揺れる 漁火見つめて
ダンチョネの温もり探す 波止場の居酒屋
欠けた茶碗で酒呑む男の
まるい背中がなつかしい
酔うほどに 泣けてくる
誰が歌うかヨ
星空に ダンチョネ

ダンチョネをささやく風に 噂を尋ねて
ダンチョネを浮かべる酒に 涙を沈める
未練たたんで明日へ渡る
女ごころに冬しぐれ
幸せは 流れ雲
旅のおもさにヨ
海が哭く ダンチョネ
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...