夫婦松 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:里村龍一

作曲:中村典正

雪をかぶった 松の木は
惚れたあんたの 艶姿
裸一貫 つらぬく道を
飾り通すも 女のつとめ
夢の都さ この都会は
いのち捨て身でついてゆく

春は暦の 上だけで
寒さ身を切る 松の開け
生れ故郷の駿河を棄てて
人生を誓ったふたりじゃないか
熱い情けを 荒海の胸に
燃やして 仰ぐ空

あんた空貫く 松ならば
わたし寄り添う鶴になる
涙ちぎって惚れ抜き通す
愛は女の 手搾り酒だ
ぐっと飲みほし 春を呼ぶ
夢も番いの 夫婦松
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...