晴れ姿 歌詞

歌:門脇陸男

作詞:斉藤 英子

作曲:中村典正

萩の花咲く 野面を渡る
風に名残りの 祝い唄
今日は日もよし 天気もよいし
嬉し涙の 盃交わす
嫁ぐわが娘の 晴れ姿

金の屏風に 幸せ色の
親も見とれる 夫婦びな
蝶よ花よと 育てた娘
母さん 留守と 火のつくように
泣いたあの日を 思い出す

思い溢れて 言葉にならず
達者で暮らせても 胸の内
さあさ お立ちだ お名残おしい
こんど来る時ゃ 初孫抱いた
母の姿が 目に浮かぶ

門脇陸男について

1982年「祝い船」でデビュー。 1985年 「第1回藤田まさと賞」受賞 1980年 東北放送「民謡でごきげん」県知事賞受賞
門脇陸男の人気歌詞
祝い船

晴れの門出のはなむけに 唄に踊りに 手 ...

望郷~斉太郎節

春の便りが来るのも待たず 故郷に残した ...

俺はみちのく色男

(ハイハイ) 年を取ったと 老けこむよ ...

これから峠

伜に嫁きて 娘も嫁っただども 俺たちゃ ...

似てるなあ

柿の木に 手をやれば 手のひらが あつ ...

孫娘

孫のめんこい 笑顔をみれば 知らず知ら ...

母ちゃんの米

どこの誰より母ちゃんの 作った米が 一 ...

湯の里慕情

情けふた山 深山(みやま)を越えて 知 ...

お前、ありがとう

小言いったり 喧嘩もしたが お前いたか ...

人生折り返し

娘夫婦に 初孫出来た 晴れて伜も 社会 ...

夫婦(めおと)

初雪に舞う 白鳥に 初めて逢って 一目 ...

これぞ天下の上杉節

毘沙門天の旗じるし われに勝利をたれた ...

鴛鴦鴉

言葉だけなら 売るほどるが 人のこころ ...

父・娘 (おやこ)

言葉少なに 目と目で話す 明日は嫁いで ...

故郷(さと)ごころ

山も色づき 錦の晴着 これがふる里 故 ...

上り酒

天にとどけと 産声あげた 今日はわが子 ...

お立ち坂

お前お立ちか… 馴れぬ仕草で 三つ ...