とにかく、あした 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

キャバレーのネオン 花咲く裏道を
あてなくさまよう 恋やつれのひと

えりあしほつれて たよりないうなじが
いたずらな風に 寒そうにみえる
やさしい言葉さえ かけられないぼくが
なさけなくてはがゆい 春がすみの夜
とにかくあした とにかくあした
昨日を振りむいても しかたがない

逃げた男には うらみはないけれど
おきざりにされた あなたが切ない
涙かれたなら コーヒーでものもう
やさしい音楽でも 流れてる店で
とにかくあした とにかくあした
あしたを生きることが 大事だろ

未練は言わないで いさぎよい女に
なれよとはげましても うつむくだけだね
とにかくあした とにかくあした
あしたになれば 風向きも変わる
不幸に酔ってちゃいけないよ
増位山太志郎の人気歌詞
そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

そんな夕子にほれました

やさしい言葉 暗い過去 みんな鏡が 知 ...

男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

今度逢えたら

これきり二度とは 逢えぬかもしれぬ 大 ...

港です 女です 涙です

港です 女です 涙です あなた行くのね ...

涙の夜風

世間の噂に はらはらと 散るも哀しい  ...

泣き虫

つらい思いで 生きてくよりは 死ねばい ...

白雪草

抱けばはかなく 散りそうな 細い襟足  ...

いたわりあい

雨の舗道で 上衣を脱ぎながら 寒くない ...

あき子慕情

雨が霙(みぞれ)に かわる夜 呑めば涙 ...

夕子のお店

拝啓一筆 夕子は門前仲町(もんなか)に ...

お店ばなし

昨夜かわったこの店に 北国育ちが二人い ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...

故郷ごころ

祭り囃子の 笛の音 なぜか聴きたい 子 ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

夢酒場

ここから逃げだしたなら しあわせだろう ...

新宿慕情

あなたの哀しいその目にひかれ 私の全て ...

そんなナイト・パブ

あなたのマネして タバコをふかし わざ ...

けい子

汚れているから 駄目よと言うが こんな ...

別れたそうね

別れたそうねと 和服のママが やさしい ...