とにかく、あした 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

キャバレーのネオン 花咲く裏道を
あてなくさまよう 恋やつれのひと

えりあしほつれて たよりないうなじが
いたずらな風に 寒そうにみえる
やさしい言葉さえ かけられないぼくが
なさけなくてはがゆい 春がすみの夜
とにかくあした とにかくあした
昨日を振りむいても しかたがない

逃げた男には うらみはないけれど
おきざりにされた あなたが切ない
涙かれたなら コーヒーでものもう
やさしい音楽でも 流れてる店で
とにかくあした とにかくあした
あしたを生きることが 大事だろ

未練は言わないで いさぎよい女に
なれよとはげましても うつむくだけだね
とにかくあした とにかくあした
あしたになれば 風向きも変わる
不幸に酔ってちゃいけないよ
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...