ふるさと景色 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:原譲二

作曲:原譲二

流れ雲 ちぎれ雲 あかね雲
みつめて 泣いた あの橋で
旅立ちの空よ
想い出ほろほろ 山鳩が
とぎれとぎれの 涙声
あゝあゝ ふるさとは いいなあ 祭り唄よ

一番星 二番星 流れ星
数えて駆けた 丘の径
ふり向けば遥か
想い出きらきら 七つ星
まぶしすぎます 私には
あゝあゝ ふるさとは いいなあ 祭り唄よ

想い出くるくる 風車
浮かれ囃子の 笛太鼓
あゝあゝ ふるさとは いいなあ 祭り唄よ

瀬川瑛子について

1967年4月「涙の影法師」で18歳にて日本クラウン(株)よりデビュー。デビュー3年目の大ヒット「長崎の夜はむらさき」(昭和45年)各社競作の中30万枚を売り上げた「矢切りの渡し」(昭和58年)昭和最後のミリオンセラーとなりました「命くれない」(昭和61年)などがある。
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

夢落葉

寒いお酒が 身に沁みる あなた忘れの ...

昭和の女

燃えるこの肌 涙で冷まし 好きなあの人 ...

むすめ上州鴉

肩に重たい 振り分け荷物 風が冷たい ...

二人羽織

何年経つでしょ 連れ合って 手さぐりだ ...

ひろしま、そして雨ン中

男ごころを冷たく濡らす 夜のひろしま ...

笑いじわ

悲しい時にも 笑う癖 ついてる女は紺が ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

小雪坂

離れて気がつく 優しさが この世にある ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

二人羽織(ににんばおり)

何年経つでしょ 連れ合って 手さぐりだ ...

忘れ傘

ごめんネ またまた 酔っ払いしちゃった ...

泣きたい夜

故郷(ふるさと)からも 見えるでしょうか ...

契り花

逢ったはじめに 女房にきめた あんたに ...

また逢えそうなブルース

いやだ… やだ… やだ もう恋なんか ...

雨、降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

居酒屋 『藤乃』

お客さん お一人なんですか 寒いわねぇ ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

人生つづら坂

ひとつ越えても その先に 続く七坂 忍 ...