渡り鳥仁義 歌詞

歌:都はるみ

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

夜の酒場の 赤い灯が
俺にゃ似合いの ひとり酒
ごめんなすって 俺らすねに傷もつ
浮世双六 渡り鳥
後ろ髪ひく 後ろ髪ひく あゝ流し唄

可愛いあの娘の つぐ酒に
ホロリこぼした ひとしずく
ごめんなすって 俺ら色の出入りが
いまだイロハの 未熟者
無理はいうなよ 無理はいうなよ あゝ泣きぼくろ

雲よおまえは どこへ行く
伊豆か越後か ふるさとか
ごめんなすって 俺らはじき出されて
意地がひとつの 裏街道
背中に冷たい 背中に冷たい あゝ初しぐれ
都はるみの人気歌詞
アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

桜時雨

負けないで 生きてゆこうねと おみくじ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...