わかれ港町 歌詞

歌:大川栄策

作詞:水木かおる

作曲:市川昭介

このまま別れてしまうには
はかなすぎるよ 淋しすぎるよ
一日のばしの わかれ港町
細い女の 泣き声が
つれて行ってと こころにからむ

左の手首の 傷あとを
かくす袂よ 古い傷みよ
見るさえかよわい 浜の蛍ぐさ
死ぬの生きるの 云うような
どこに烈しさ かくれていたろ

半分しあわせ あきらめた
肩の寒さよ 胸の薄さよ
霧笛がかなしみ ゆるす旅の宿
酔った寝顔の おさなさに
夢よやさしく こぼれておくれ
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

冬花火

棄てちゃいやよと 紅ひもで ふたつから ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

刑事

人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日 ...

北の慕情

にぎりつぶした 別れの手紙 北の涯てま ...

舞酔い雪

忘れていたのに 諦めたのに 今頃なぜに ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの ...

恋吹雪

あなたが浴びる湯の音が せせらぎみたい ...

男の火花

空に轟く 触れ太鼓 燃やす闘志は 男の ...

昭和放浪記

泣いて渡った 橋もある 酔って溺れた ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

おんなの街角

ここを左に 曲ったら 二度と後へは 戻 ...

女のグラス

お酒はあんまり 飲めないけれど あなた ...

男一途

一つ頬っぺた 張られたら 俺は 二つに ...

露地あかり

あるかないかの 運にさえ 道に迷えば ...

雨の港

別れりゃ他人のはずなのに からだがあの ...

わたしのソウル

アンニョン ハセヨ わたしのソウル ...

昭和浪漫~~第二章~

風に追われるように街を歩いてる 痩(や ...