恋愛症候群 歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける
その発病及び傾向と対策について考える
年齢 性別 職業 ツベルクリン反応 郵便番号の
如何を問わず 凡そ次のとおり

開き直らねば何もできず ただ暗く爪をかみ
目が点になって ため息ばかりの A型
他人のことなど考えられずに 大切な花畑
平気で踏み荒らして ヒンシュクをかう B型

今日と明日では 自分同志で意見が分かれて
熱し易く冷め易い AB型
その内なんとかなるんじゃないかと思っている内に
自分だけ忘れ去られている O型

その他いきなり優しくなったり
急に詩人になるケース
夜中にいなりずしをどうしても喰べたくなる場合
海に向かって ばかやろー と叫ぶなどは
よくある事で更に 若いのに髪が薄くなる方もある

なにしろこれらがある特定の人にだけ
反応するって事は恋は一種のアレルギーと考えてよい

恋におちたら一部の例外を削除すれば およそ
男は男らしく女は女っぽくなるものらしい
手相 星座 サイコロ タロット 四柱推命
その他茶柱まで

相性占いなど気になったら もう恋

相手には自分の良い所ばかり
見せたくなるものであるし
相手の欠点には気づいても気づかずにいられるし
食べ物 着るもの 見るもの 聴くもの
すべて好みが合うと思うし
毎日が二人の記念日になる

処が一年二年とたつうち見えてくるんですよ
恋とは 誤解と錯覚との闘い
そのうちなんだかお互い知らない人に思えてきて
次第に疲れて 会っても無口になる

初めは めまい 立ちくらみ
食欲不振で気付いた恋がいつか

注意力散漫 動悸 肩こり 息ぎれに変わり やがて
頭痛 発熱 歯痛 生理痛 すり傷 切り傷
しもやけ あかぎれ 陰金 夜泣き かんむし 田虫 水虫
出痔 いぼ痔 切れ痔 走り痔
えーと えーと... えーとせとら

とにかく そんな風に 笑っちまった方が
傷つかずに済むってわかってるんだ
誰だってそうだろう

恋は必ず消えてゆくと 誰もが言うけれど
ふた通りの消え方があると思う
ひとつは 心が枯れてゆくこと そしてもうひとつは
愛というものに形を変えること

相手に求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だから ありったけの思いを
あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

おそらく求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だから ありったけの思いを
あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

あなたに出会えて 心からしあわせです
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

M

歌:プリンセスプリンセス

いつも一緒にいたかった となりで笑って ...

Mr. Romance

歌:THE ALFEE

光と影が交差する 華やぐ都会 男と女 ...

爪爪爪

歌:マキシマムザホルモン

防腐レス 恥部の古傷 えぐるセレブ 騎 ...

恋と病熱

歌:米津玄師

好きなことが 少なくなり 嫌いなことが ...

花の名

歌:BUMP OF CHICKEN

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

神の島遥か国

歌:サザンオールスターズ

Island beach 僕と居て頂戴 ...

Song for…

歌:HY

ふたりが出会った事にもしも意味があるとす ...

シェリー

歌:尾崎豊

シェリー 俺は転がり続けてこんなとこにた ...

Dear…

歌:西野カナ

「じゃあね」って言ってからまだ 5分も ...

崖の上のポニョ

歌:藤岡藤巻と大橋のぞみ

ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 ...

さだまさしの人気歌詞
関白宣言

お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事が ...

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会う ...

償い

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

雨やどり

それはまだ私が神様を信じなかった頃 9 ...

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えな ...

まほろば

春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばか ...

道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のため ...

主人公

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

おさななじみ

おさななじみの 想い出は 青いレモンの ...

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました ...

戦友会

櫛の歯が欠けるように 仲間が減ってゆく ...

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂 ...

飛梅

心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目 ...

風に立つライオン

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった 何 ...

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まり ...

祈り

悲しい蒼さの 広い大空を 小さな鳥が一 ...

親父の一番長い日

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時 ...

奇跡 ~大きな愛のように~

どんなにせつなくても 必ず明日は来る ...

昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。

駅前旅館をバスが 出たのは8時5分 こ ...