酔わせて 歌詞

歌:川中美幸

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

あなたのそばに いるだけで
浮世のつらさを わすれます
ついでください 私にも
今夜のお酒はおいしいわ
酔ってあなたに あまえたい

あなたに逢った その日から
笑える女に なりました
ついで下さい 私にも
捨てずによかった 夢ひとつ
あなたしっかり 受けとめて

あなたとふたり 飲む酒は
明日を生きてく 虹になる
ついで下さい 私にも
ようやく掴んだ倖せを
離したくない いつまでも

川中美幸について

昭和48年「春日はるみ」の芸名でワーナー・パイオニアよりデビュー。昭和52年「川中美幸」の芸名で「あなたに命がけ」でテイチクよりデビュー。昭和55年「ふたり酒」発売ミリオンセラーとなる。 第23回日本レコード大賞 金賞受賞
酔わせて のCD・楽譜
演歌・ムード歌謡のすべて ベスト734 プロフェッショナルユース (プロフェショナル・ユース)
【収録曲】・おもいで酒哀愁の高山雨に咲く花裏町酒場大阪ごころ望郷酒場哀しみ本線日本海鳳仙花北酒場東京セレナーデ契り花咲港越前岬あなたと生きる雨の慕情愛の始発明日の詩愛の終着駅雨の東京亜紀子灯りが欲しい女… ひとり旅命のきずな浮草ぐらしわが人生に悔いなし奥飛騨慕情おまえさんおまえとおれお店ばなしおまえとふたり風雪ながれ旅わかれ酒あいつあなたにあげる会津の小鉄あじさいの雨夕焼け雲石狩挽歌うしろ姿女の十字路おゆきおふくろさんおんな道包丁一代千曲川加賀の女北の宿から鴎という名の酒場倖せさがして人生かくれんぼ北へ夢追い酒傷だらけの人生くちなしの花純子座頭市サヨナラ横浜そして神戸昭和枯れすすきなみだの操すきま風宗右衛門町ブルース夜空長崎は今日も雨だった岸壁の母酒場にて愛の執念アケミという名で十八で大阪しぐれ襟裳岬ゆきずり大阪ラプソディーふたり酒ひとりお嫁にゆけないわたしおんな港町北国の春旅鴉よこはま物語帰ってこいよ恋しくて新宿・みなと町恋歌とまり木西海ブルース旅の終りに港町絶唱たった二年と二ヶ月でなみだ恋津軽海峡冬景色人妻よこはま・たそがれ時には娼婦のように能登半島夫婦舟長崎の夜はむらさき夫婦鏡別れてひとりおやじの海星降る街角夜のめぐり逢い紬の女あなたの灯ふたりはひとりめぐり逢いふたたびみちづれ女のみち舟唄ともしび知りすぎたのね港ひとり唄ついて来るかい夫婦花から花へと旅愁みちのくひとり旅ふたりの夜明け昔の名前で出ています小樽のひとよ噂の女男の土俵二人でお酒をおんなの宿赤いグラスあなたのブルースコモエスタ赤坂赤いハンカチ京都の夜あきらめないで君は心の妻だから中の島ブルース粋な別れおんなの朝女の意地おんなの夢博多の女花と竜函館の女関東流れ唄花水仙錆びたナイフ夫婦春秋悲しい酒花と蝶兄弟仁義抱擁銀座の恋の物語・銀座の恋の物語・星影のワルツ北帰行水割り夜霧よ今夜もありがとう花街の母・恋の町札幌・ふたりの大阪心のこり霧の摩周湖おまえに人生峠ああ上野駅そんな夕子にほれました熱海の夜メランコリー函館本線恋人たちの神話木曽路の女女ですもの兄弟船やすらぎ夫婦しぐれ演歌みち別れの夜明け命船涙ぐらしなみだ川さよなら港夜汽車だんな様あなたあんた浮草情話みれん橋浅草しぐれ冬から春へ遣らずの雨浪花盃まわり道浪花の夢恋情話夢芝居他人酒細雪北の旅人旅の終りはお前夫婦橋さざんかの宿居酒屋居酒屋矢切の渡し矢切の渡し夾竹桃風車しのぶ立待岬天命ゆうすげの恋氷雨椿散る宿裏町ごころ昔のように港町泣かせやがってこのやろうふたり坂川の流れのように祝い船春の雪ふたりの春無錫旅情母ごころ長良川艶歌人生船昭和任侠伝東京の雨を札幌で残侠子守唄忍路海岸わかれ雪三の宮ブルース俺ら東京さ行ぐだ雨の大阪大阪ふたりづれ悲しいけれどあなたが港町つぐないきずなある女の詩献身天城越え盛り場おんな酒男なら昭和流れうた夫婦川浪花そだち雪國金沢の夜酒よおんなの出船高山の夜ふたりのラブソング石北峠ふたりの夢みちのく風の宿冬のリヴィエラ愛しつづけるボレロふたたびのあなたひとすじ愛の道あなたの女あなたの女夫婦みちうしろ影男の背中女ごころ女心は港の灯かしこい女じゃないけれど追憶おれとおまえ波止場しぐれ俺のみちづれ道頓堀川みれん酒こころ酒人恋酒愛の果てまで祝い酒あなたに逢いたい父さん手酌酒夜霧のハウスマヌカンきずな乱れ花下町川ふたりの絆漁歌命くれないだってしょうがないじゃないさよならの翼日本海酔いどれて夢しずく安曇野そして…めぐり逢いそして…めぐり逢い・そして… めぐり逢い・さだめ川雪中花大阪つばめ娘へのバラードうたかた酔わせて山の駅恋女房あばれ太鼓女・こぬか雨女の一生恋舟越冬つばめ連絡船恋唄人生男と女のラブゲーム娘よ秋冬海鳴り小樽運河北斗船黄色いシャツ愛傷歌ブランデーグラス別れても好きな人真夜中のシャワー熱き心に浪花恋しぐれ港の五番町夫婦善哉新宿旅鴉北の漁場北の螢お久しぶりね今さらジローそれは…黄昏人生二人三脚空港戻り川女の港女の酒津軽平野下北漁港北の大地夢飾り夫婦坂片恋酒酒場すずめおはん浪花節だよ人生は福寿草忍ぶ川人生いろいろ想いで迷子みだれ髪女の駅雪椿男と女のはしご酒すずめの涙恋は火の川うそつき浪花物語夢おんな不如帰北緯五十度北空港北空港滝の白糸演歌船紅とんぼ飢餓海峡抱きしめて雨酒場無言坂雪の華人妻椿水なし川涙の条件音無川島田のブンブン麦畑一円玉の旅がらす花束(ブーケ)忍ぶ雨友禅流しグッバイラブ酒場火の国の女酔歌男と女の破片しのび川朝顔むらさき雨情嵯峨野の女さぶ夜桜恋挽歌しあわせ酒陽炎おしどり若狭の宿雨夜酒みれん雨愛染かつらをもう一度恋ざんげ大阪すずめおもいで酒場酒きずなべにばな恋の酒白い海峡影法師心凍らせて悲しみよ一粒の涙もめおと酒夢の道草むかい風女泣川ひとり酒花のワルツ夜桜お七北山しぐれ雪次郎鴉北の女房やん衆挽歌捨てられてベサメムーチョ女のひとりごとみ・れ・んみれん海峡まごころ面影本線夢おぼろ旅まくら雪舞い橋ごむたいな大阪のおんな恋情話女のしぐれ霧情のブルース風岬ヨコハマ・シルエット女の漁歌どん底宇治川哀歌男一代昭和夢つばめ水に咲く花おばこ巡礼歌女の酒場ふたり道鳴門海峡夢日記恋唄流し涙のしずく北冬挽歌珍島物語竹とんぼ人生桜女の日本海大志(こころざし)すき麗子憂愁平野冬の宿雨降橋たてがみうたかたの恋浮雲ふたり咲き酒ひとり・酒 ひとり・涙かさねて港恋唄薄幸花二輪草二輪草東京もどり雨哀愁港千日草人生しみじみ…ノラノラ風といっしょに瀬戸の港花園しぐれカラスの女房カラスの女房お台場ムーンライトセレナーデアメリカ橋雪 深深津軽の花望郷十年北海岸女のまごころ黒のララバイみれん酒再り会い旅路の花さだめ雪河内酒夢ひとつ人生海峡夢・恋唄ほおずき契り川恋酒場星空のトーキョーなにわの女のぼり坂花も嵐も夕陽坂箱根八里の半次郎大井追っかけ音次郎これから音頭春が来た大河の流れ海鳴りふたりの絆夜明け海峡氷雨夢ひとすじ涙つづりあなたと生きるはぐれコキリコきよしのズンドコ節あんたの花道女の花が咲く星空の秋子ひまわりじょんから女節ふたり傘浮雲ふたり鳥取砂丘夢うぐいす白雲の城北の雪虫ラブリィ気まぐれ道中明日の幸せより添い花氷見の雪月の海峡釧路湿原片道切符浪花いろは節番場の忠太郎うすゆき草城崎恋歌男酒おもいでの雨名もない花に乾杯を初恋列車ふりむけば日本海花吹雪五能線
うすゆき草 川中美幸しあわせ演歌
【収録曲】・うすゆき草春ふたり二輪草いとしい人へ・恋の町札幌(デュエット:石原裕次郎)・春の朝・ふたりの窓・美幸のお願い数え唄・出張物語(デュエット:吉幾三)・酔わせて・俺の花だよ・おんなの一生~汗の花~・今夜は乾杯(デュエット:弦哲也)・なにわの女ふたり酒・花の美(チュ)らさよ

川中美幸の人気歌詞
二輪草

あなた おまえ 呼んで呼ばれて 寄り添 ...

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒 ...

海峡雪しぐれ

外は吹雪か 窓打つ音が わたしの心の  ...

遣らずの雨

元気で暮らせよなんて 優しい言葉 言っ ...

君影草 ~すずらん~

白い小鈴を ふるように 君影草の花が咲 ...

豊後水道

背のびした恋破れ なぐさめる人もなく ...

おんなの一生~汗の花~

負けちゃ駄目だと 手紙の中に 皺(しわ ...

ちょうちんの花

ちょうちん一つ 椅子五つ 他人の肩も気 ...

金沢の雨

東京言葉と 加賀なまり 愛するこころに ...

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきな ...

男じゃないか

俺もおまえも 灯がともりゃ 飲まずにい ...

笑売繁昌

人間には悲しいことが多いさかい神様が笑う ...

あんたの春

あんたの春は嘘ばっかりや 春には帰ると ...

津軽さくら物語

冬から生まれた春訪ね 夜汽車に揺られて ...

うたびと

地球という美しい星 こゝにわたしは住む ...

越前岬

きこえるはずない 汽笛を聴いて 飲めば ...

なにわの女

ひょんなことから 小店を持った なにわ ...

忍路海岸わかれ雪

鉛色した 冬の海 風がヒュルヒュル 空 ...

ふたりの春

何もいらない あなたが欲しい 命かさね ...

あなたひとすじ

あなたのそばで 暮らせるならば なにも ...