酔いどれて 歌詞

歌:桂銀淑

作詞:吉岡治

作曲:浜圭介

ひとり口紅拭きとりながら
鏡のわたしに声かける
上手に生きたね昨日も今日も
ほめてみたってむしょうに淋しい

※泣かせてよ泣かせてよ
氷雨が窓うつこんな夜は
酔わせて死なせて火の酒で
ららばいららばいららばい
酔いどれて夢のつづきを見ないよう※

どうぞあなたもわたしと同じ
不幸なまんまで居て欲しい
想い出相手に酒場の隅で
暗い瞳をしてうつろに酔ってね

泣かせてよ泣かせてよ
涙でこの身が沈むほど
溺れて忘れて火の酒で
ららばいららばいららばい
酔いどれてやがて夜明けの鳥になれ

(※くりかえし)

桂銀淑について

ハスキー・ヴォイスが魅力の演歌歌手。作曲家の浜圭介氏に師事し、1985年に「大阪暮色」で日本でビュー。大ヒットする。以来「すずめの涙」「夢おんな」「ベサメムーチョ」などのヒットがある。1991年「悲しみの訪問者」で日本レコード大賞ゴールド・ディスク賞を受賞。
桂銀淑の人気歌詞
すずめの涙

世の中であんたが一番好きだったけれど ...

花のように 鳥のように

そこにあるから 追いかけて 行けば は ...

ベサメムーチョ

姿見に背中映し もどかしく ジッパー引 ...

私には貴男だけ

誰がいると云うの この私に あなたは生 ...

離別(イビョル)

時には 思い出すでしょう 冷たい人だけ ...

夢おんな

螺旋階段昇る靴音で 愛されてると感じた ...

大阪暮色

西陽でやけたたゝみの上 あの人がくれた ...

真夜中のシャワー

真夜中に熱いシャワーを浴びて 夏がくれ ...

昭和最後の秋のこと

貧しさもつらくない 四畳半にも夢がある ...

J

J そよぐ風に J あなたの姿 思い浮 ...

愛の迷路

あなたに逢うまでは 愛することなんて ...

悲しみの訪問者

夜更けの電話で男を許してしまう 別れを ...

プリーズ…

ルルルル~ルルルル~ 好きなのに好きな ...

葉桜

今年も見事に咲いて散った 桜の並木道 ...

東京Hold Me Tight

ガードレールにもたれて ふたり高層ビル ...

フィーリング

ただ 一度だけの たわむれだと 知って ...

アモーレ ~はげしく愛して~

あの頃は愛だとも知らないで おたがいの ...

愛してます(サランへ)

愛してます あなただけを 遠くはなれた ...

マイ・ウェイ

迷いながらもあなたについて来た 熱い涙 ...