夢一輪 歌詞

歌:青木美保

作詞:荒木とよひさ

作曲:五木ひろし

あなたの心の お守りに
せめて私が なれるなら
淋しさうずめる それだけの
しのび逢いでも いいの
どこかでお酒を 飲んでたら
そっと私を呼び出して
電話を離さず 夜更けまで
いつでも 待っているから
愛してはいけない人だと 分っているけど
つのる想いたち切れないの
たとえ短い月日でいいのよ
そして悲しい終りがきても
夢を一輪咲かせてくれたら

あなたの心の隅っこに
せめて私を住まわせて
泣きたいくらいに 好きだから
逢えるだけでもいいの
明日が駄目なら 明後日は
きっといい日になりそうと
鏡の私に話しかけ
涙の支えにしてる
愛してはいけない人だと 誰もが言うけど
胸の痛み 分りはしない
いつか泣く日が来てもいいのよ
そして別れの季節が来ても
春を一輪咲かせてくれたら
夢を一輪咲かせてくれたら
青木美保の人気歌詞
化粧

あなたの恋人と 呼ばれても 胸の片隅 ...

大輪の花~第二章~

名もなき花の 種ひとつ 夢に吹かれて  ...

あなたの女

あなたがいなけりゃ わたしがこまる 私 ...

満天の星

明日(あした)のことさえ 手探(てさぐ) ...

遠見の橋から

さびしかったら おいで 遠見の橋を わ ...

女の夜汽車

岬過ぎても 列車のあとを はぐれ鴎が ...

恋化粧

あなたにわかりはしないでしょう 待つだ ...

命ひとすじ

つまずき転んだ 昨日もあるわ 転んでみ ...

流氷挽歌

春を呼んでも 流氷だけが 海を埋めて ...

幸せならばいいじゃない

嬉しい涙も 哀しい涙も 明日へ 続く ...