雪の帰り道 歌詞

歌:渡辺美奈代

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

ああ 真冬の北の風に
折れそうな 細い夜
ああコートの襟を立てて
泣きながら 帰る道
あなたの部屋のドアを 開けた時に
知らない誰かの 真赤なパンプス
雪になれば 忘れられる
ハートに降り積る 悲しみ
雪になれば 忘れられる
涙なんて 隠して このまま

ああ ひとりは淋しすぎる
外燈の灯りだけ
あなたが背中ごとに 声をかける
そういう気がして 何度も振り向く
雪になって 白く消して
枯葉を敷きつめた この街
雪になって 白く消して
胸の痛み どこかに埋めて
雪になれば 忘れられる
1人でつぶやいた さよなら
雪になれば 忘れられる
終わった恋 ちぎれて フワフワ

渡辺美奈代について

1985年スカウトされ芸能界入り。1986年おニャン子クラブのメンバーとして「瞳に約束」でデビュー。オリコン1位を獲得。 1987年の解散。以後、ドラマ「教師びんびん物語」「季節はずれの海岸物語」映画「レディース!!」で活躍するほか、「新婚さんいらっしゃい!」では桂三枝のパートナーで人気に。
渡辺美奈代の人気歌詞
TOO ADULT

赤いチェリーを せがむみたいに ツンと ...

アマリリス

きらきら真夏の雨 緑をにじませてく ...

PINKのCHAO

初めてあなたに 出逢ったあの日は CHA ...

瞳に約束

星のカーテン 空に下ろした 夏の終わりの ...

抱いてあげる

抱いてあげる 抱いてあげる 1人きりの ...

雪華模様

淡い街灯 音をなくした街は ひと色の水 ...