メランコリー 歌詞

歌:梓みちよ

作詞:喜多條忠

作曲:吉田拓郎

緑のインクで手紙を書けば
それはサヨナラの合図になると誰かが言ってた
女はおろかでかわいくて
恋にすべてを賭けられるのに
秋だというのに恋もできない
メランコリーメランコリー
それでも乃木坂あたりでは
私はいい女なんだってね
腕から時計をはずすように
男とさよならできるんだって
淋しい 淋しいもんだね

人の言葉をしゃべれる鳥が
昔のひとの名前を呼んだにくらしいわね
男はどこかへ旅立てば
それでなんとか絵になるけれど
秋だというのに旅もできない
メランコリーメランコリー
それでも乃木坂あたりでは
私はいい女なんだってね
恋人つれてるあの人に
平気で挨拶しているなんて
淋しい 淋しいもんだね

梓みちよについて

1963年宝塚音楽学校卒業後歌手デビュー。1964年「こんにちは赤ちゃん」をリリース、記録的大ヒット曲となりレコード大賞を受賞する。その後も「二人でお酒を」「メランコリー」「よろしかったら」などのヒットがある。現在も、歌手として、舞台やテレビなどで活躍中。
梓みちよの人気歌詞
こんにちは赤ちゃん

こんにちは 赤ちゃん あなたの笑顔 こ ...

二人でお酒を

うらみっこなしで 別れましょうね さら ...

二日酔い

また夕べもどこかで破目をはずし また何 ...

よろしかったら

マニキュアの乾く間ももどかしくて 白い ...

ニコラ

何でもないのよ 古びたシャンソン 昔の ...

小心者

あなたのおさえめな話し方や いつもうつ ...

いま、親友

あなた 前よりやせたみたい しあわせな ...

耳飾り

あなたをひと目 見た時には わたし 息 ...

ジェラシー

ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ...

淋しい兎を追いかけないで

今さら慎ましい女になれって 無理よ 贅 ...

銀河系まで飛んでいけ

あいつなんか あいつなんか 銀河系まで ...

淋しがりや

雨のしずくを 百まで数える淋しがりや ...

あかいサルビア

あかいサルビア逃げた恋の花びら ひとつ ...

言えばよかった

雨にぬれた 手紙のように 愛の言葉が ...

恋はウー・ラ・ラ・ラ

今度こそ とびきりの恋を 今度こそ う ...

モンテカルロの一夜

今夜はモンテカルロ 気の利いた二人なら ...

渚のセニョリーナ

ヴェナス・ノーチェス・セニョリーナ 月 ...