夫婦橋 歌詞

歌:三笠優子

作詞:あいたかし

作曲:あいたかし

苦労という字を 幸福と読み
いつも笑顔でついて来る
おまえが愛しいよ
雨降れば 雨に唱って
風吹けば 肩を寄せ
きっと二人で きっと二人で
架けよう 夫婦橋

年齢のはなれた おまえと二人
冷たい噂を 背にうけて
涙もながしたな
あれた手を そっとさしのべ
明日に向かって 歩こうよ
いつか二人で いつか二人で
架けよう 夫婦橋

必ず花咲く その日が来ると
蔭に日向に この俺を
はげます嬉しさよ
他人に言えない 苦労話を
笑って話せる時が来る
きっと二人で きっと二人で
架けよう 夫婦橋
三笠優子の人気歌詞
夫婦舟

この川がどこへ流れてゆこうとも 岸を離 ...

夫婦川

波の数ほどァ・・・・苦労の数が 寄せて ...

酒しぐれ

いのち削って 尽くしてみても 別れ ...

母ごころ

わが子が愛しい ただそれだけで 母はお ...

冬から春へ

おまえの流した 涙の数の 同じ数だけ ...

貝殻子守唄

海は日昏れる 船頭さんは 帰える 離れ ...

博多しぐれ

意地と人情の 筑前絞り 粋に捌くにゃ ...

~東京下町~夜明け橋

都会の川には 浮かべる舟さえないけれど ...

玄海おんな節

撥(ばち)をさばけば 天下一 お酒飲む ...

送り酒

しっかり見ておけ 親父の顔を しっかり ...

人生

咲く花 散る花 この世のまゝに いつか ...

ひとり娘

かわいい娘を 残して逝った あなたを偲 ...

望郷よされ

雪の海峡 泣き泣き越えた あれからふた ...

風の十三湊

津軽恋しや―― 捨てた故郷(ふるさと) ...

藤十郎

かりそめの 稽古芝居(けいこしばい)に ...

男の涙はあとで拭け

義理も人情も 薄れたと 嘆きなさるな ...

袖摺坂

言葉はなくても 目と目を見れば いまで ...

浪花の夢

銭が仇の 世の中だろと 俺は浪花の 夢 ...

優子の平成音頭

気持ち新たに 朝日を拝みゃ 過ぎた昭和 ...