昔のように港町 歌詞

歌:川中美幸

作詞:阿久悠

作曲:三木たかし

昔なら 船が出て
見送る人もいた
別れは悲しいものだった
待つと云うのも生命がけ
さだめまでもを敵にして
唇を噛みしめた
女が生きていた
あゝ 昔のように 港町

行く人も 来る人も
何かを背負ってた
身軽な人などいなかった
せまいながらも海峡は
心ひき裂く壁になり
ときおりの噂だけ
信じて待つばかり
あゝ 昔のように 港町

桟橋は 水びたし
涙も混らせて
はぐれた鴎も泣いていた
心変りを責めるのも
逢えて全てを許すのも
それぞれに人生と
思えるものばかり
あゝ 昔のように 港町
川中美幸の人気歌詞
ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒 ...

祇園のおんな

柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がとも ...

二輪草

あなた おまえ 呼んで呼ばれて 寄り添 ...

津軽さくら物語

冬から生まれた春訪ね 夜汽車に揺られて ...

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきな ...

ふたりの絆

はなればなれは 淋しいけれど こころひ ...

人生賭けてます

人の数だけ夢がある 誰でも叶う物じゃな ...

なにわの女

ひょんなことから 小店を持った なにわ ...

お吉情話

下田港の 寝姿山(ねすがたやま)は ま ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん 夜の星を 小さな星の ...

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の ...

艶冶な気分

猫はあなたになついてて 呼んでみたって ...

うすゆき草

おなじ歩幅で これからも ふたり歩いて ...

北山しぐれ

何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好き ...

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもりく ...

瀬戸の恋歌

しあわせしている 影絵を見ても みれん ...

木曽川しぐれ

旅に身をひく 女の肩に 俄か雨ふる 馬 ...

めおと桜

▲一と一とが 寄り添いあえば △合縁奇 ...

ぐい呑み酒

好きで一緒になったのだから 側において ...

あなたひとすじ

あなたのそばで 暮らせるならば なにも ...