みれん酒 歌詞

歌:冠二郎

作詞:三浦康照

作曲:市川昭介

あんな女と うらんでも
あんな女が 忘られぬ
夜風がつめたい 路地裏を
ひとり歩けば 思い出の
恋の灯りが 眼に痛い

酔って未練が 消えるなら
酒にすがって なぜ悪い
男と女の 仲なんて
どうせ他人にゃ わかるまい
さびれ酒場の ひとり酒

あんな女と 云うけれど
いのち燃やした ときもある
二人で暮した 毎日が
昨日のように 眼に浮ぶ
辛さわかるか 夜の雨

冠二郎について

1967年「命ひとつ」でデビュー。 1992年「炎」の大ヒットにより「ネオ演歌」「J-Enka」「アクション演歌」の旗手と目された。
冠二郎の人気歌詞
湯の町慕情

うしろ姿の 淋しげな 肩のあたりが お ...

旅の終りに

流れ流れて さすらう旅は きょうは函館 ...

やると決めたら 男じゃないか 人が笑っ ...

大文字

惚れた女の 情念に たとえこの身が 焼 ...

望郷エトランゼ

霧ににじんだ 異国の町の 灯りが淋しい ...

こころ花

かけた苦労の償いを きっとするよと 誓 ...

酒場

どこにもあるような 酒場の片隅で ひと ...

あなたの恋灯り

別れの言葉は 死ぬより辛い だからだま ...

満天の星

遠く連なる 白い峰 続く果てない モン ...

酒に酔いたい

別れが辛い 酒もある 忘れるための 酒 ...

のぼり竜

打てば響くぞ 日本一の 俺ら名代の 音 ...

ムサシ

剣にひとすじ 命をかけて 無念無想の ...

さだめ舟

逢えば苦しさ 増すものを 逢わずにいら ...

どうせこの世は成り行きまかせ

惚れて別れて また惚れて 酒がとりもつ ...

人生夢太鼓

櫓(やぐら)太鼓に 諸(もろ)肌ぬいで ...

これでいいんだよ

私のことは いいのよと お前の顔が 淋 ...

バイキング

狙った獲物は 逃がさない この手に財宝 ...

さみだれ

さみだれに 紫陽花(あじさい)が 濡れ ...

男の錦

意地があるなら 男になれと 俺を叱った ...