港町 歌詞

歌:三沢あけみ

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

鳴いて飛び交う カモメより
ぐちも云えない身がつらい
憎さ三分に 愛しさ六分
あとの一分で 出る涙
未練木枯し ひとり酒 港町

波にただよう 浮き灯り
凍りつきそな 夜更け頃
すがりつきたい すがれば切れる
うしろ髪ひく ことばかり
なぜに二人を引き離す 港町

隣合わせに 飲む人が
なぜかあなたにみえてくる
酒の辛さに 情の甘さ
女ごころの ほろ苦さ
霧笛海鳴り すきま風 港町
三沢あけみの人気歌詞
涙の渡り鳥

雨の日も風の日も 泣いて暮らす わたし ...

酔うほどに

酒よ今夜も 酔わせてよ 季節はずれの冷 ...

色もよう

若いってどんな色 若いってどんな色 若 ...

てぃんさぐの花

赤く咲く花は 天に咲く あなたは私の ...

夜の雨

好きで飲んでるわけじゃない 忘れられな ...

誘われて浜松

何処か似た様な うしろ姿(かげ) 捜す ...

海人恋唄

名護(なご)の港から 舟を漕ぎ出せば ...

アリューシャン小唄

明日は逢えなくなる人に せめて笑顔でつ ...

つむぎ恋唄

愛を紬に 織りたいからと 今朝の手紙に ...

四国の人よさようなら

青い瀬戸海 あの街の灯も 今夜かぎりで ...

倖せをありがとう

おまえと呼ばれりゃ あんたと答える そ ...

女のしぐれ道

何処まで行けば 胸の淋しさ 振り切れま ...

星にたずねて

かあさん そこから見えますか 私の顔が ...

わがまま

うわさ覚悟の忍び立ち 秋給せ 吹き抜け ...

夫婦ごころ

あんな男と世間の人は 冷たい目をして ...

わかれ酒

女の歓喜おしえた貴方が こんな こんな ...

花咲く季節(ころ)に

夢を探して 来た東京で さくら咲けば ...

エンドレスソング

さよならの四文字よりも ありがとうの五 ...

熱海妻

風に追われた 湯けむりに 泣いてつかま ...