港シャンソン 歌詞

歌:岡晴夫

作詞:内田 つとむ

作曲:上原げんと

赤いランタン 夜霧に濡れて
ジャズがむせぶよ 阜頭の風に
明日は出船だ 七つの海だ
別れ煙草は ほろにがい
泣いてくれるな 可愛い瞳よ
どうせ船乗り 波風まかせ

明日はどこやら 鴎の仲間
青い海みて くらすのさ
暗い波止場に 今鳴るドラは
どこの船やら 三本マスト
せめて今宵は しみじみ酔おうか
海は涯ない 旅ぢゃもの

岡晴夫について

1970年(昭和45年)5月19日没。昭和14年2月「国境の春」でデビュー。「上海の花売娘」「港シャンソン」などのヒットを飛ばし一躍スターとなる。 戦後、「東京の花売娘」「啼くな小鳩よ」「憧れのハワイ航路」などの大ヒットがある。
岡晴夫の人気歌詞
憧れのハワイ航路

晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音 ...

啼くな小鳩よ

啼くな小鳩よ 心の妻よ なまじ啼かれり ...

逢いたかったぜ

逢いたかったぜ 三年ぶりに 逢えて嬉し ...

上海の花売娘

紅いランタン 仄かにゆれる 宵の上海 ...

東京の花売娘

青い芽を吹く 柳の辻に 花を召しませ ...

東京の空青い空

鳩が飛び立つ 可愛い 可愛い鳩が 東京 ...

青春のパラダイス

晴れやかな 君の笑顔 やさしく われを呼 ...

男の涙

夜の裏町 流して更けて 男泣かねど 散 ...

男一匹の唄

赤い夕陽は 砂漠の果てに 旅を行く身は ...

あんこ可愛いや

赤く咲いても 椿の花は ホロリ落ちそで ...