あんたの春 歌詞

歌:川中美幸

作詞:もず唱平

作曲:浜圭介

あんたの春は嘘ばっかりや
春には帰るといいながら
帰って来た試があるかいな
尻無川(しりなしかわ)の川尻て
ポンポン船の 音ききながら
好きや 好きやというたのも
あれもやっぱり 嘘やろう
もう待てへんで 待つかいな

通天閣の灯を忘れたか
千日前やら中の島
歩いたことおぼえてへんのやろ
あの子ら末は女夫やと
噂を立てた嫌われもんの
角の酒屋の 後家はんが
可哀そうやと 親切に
縁談もって 来てくれた

いつまで阿呆な夢みてる気や
ジェームス・ディーンに憧れて
笑わせるで荒野を目指すやて
吉三郎のおっちゃんが
そろそろ歳や夜店もつらい
ワイの得意の淡呵売(たんかばい)
アイツだけには 仕込みたい
帰って来いと いうてはる
川中美幸の人気歌詞
ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒 ...

祇園のおんな

柳芽をふく 石畳 花見小路に 灯がとも ...

二輪草

あなた おまえ 呼んで呼ばれて 寄り添 ...

津軽さくら物語

冬から生まれた春訪ね 夜汽車に揺られて ...

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきな ...

ふたりの絆

はなればなれは 淋しいけれど こころひ ...

人生賭けてます

人の数だけ夢がある 誰でも叶う物じゃな ...

なにわの女

ひょんなことから 小店を持った なにわ ...

お吉情話

下田港の 寝姿山(ねすがたやま)は ま ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん 夜の星を 小さな星の ...

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の ...

艶冶な気分

猫はあなたになついてて 呼んでみたって ...

うすゆき草

おなじ歩幅で これからも ふたり歩いて ...

北山しぐれ

何もかも 捨ててくれとは 死ぬほど好き ...

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもりく ...

瀬戸の恋歌

しあわせしている 影絵を見ても みれん ...

木曽川しぐれ

旅に身をひく 女の肩に 俄か雨ふる 馬 ...

めおと桜

▲一と一とが 寄り添いあえば △合縁奇 ...

ぐい呑み酒

好きで一緒になったのだから 側において ...

あなたひとすじ

あなたのそばで 暮らせるならば なにも ...