星の砂 歌詞

歌:小柳ルミ子

作詞:関口宏

作曲:出門英

二度と出来ない恋を捨て あなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬に一人たたずみ 君住む島に
別れを告げる
ないて ないて まぶしいサンゴの島が
にじんでおちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつか いつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ 海に流れがあるならば
届けて欲しい 星の砂

ルルル・・・・・・ルルル・・・・・・
ルルルル・・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたに つぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けて欲しい この思い
届けて欲しい この思い

小柳ルミ子について

宝塚音楽学校を首席で卒業後、1971年「わたしの城下町」で歌手デビューし日本レコード大賞新人賞を受賞。「瀬戸の花嫁」をはじめヒット曲多数。映画やドラマ、舞台、ミュージカルと活躍の場を広げる。2002年50歳という節目の年に、小柳ルミ子から「rumico」に改名。歌謡曲からJ-POPシンガーとして新たなスタートを切った。
小柳ルミ子の人気歌詞
お久しぶりね

お久しぶりね あなたに会うなんて あれ ...

瀬戸の花嫁

瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ ...

冬の駅

白い 朝もや 流れる 冬の淋しい 停車 ...

今さらジロー

あれは確か 二年前の雨降る夜に あたし ...

お祭りの夜

泣かない約束をしたばかりなのに もう涙 ...

春のおとずれ

春のなぎさを あなたとゆくの 砂に足跡 ...

わたしの城下町

格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空 ...

黄昏の街

春を告げる 白い舗道 肌につめたい 風 ...

京のにわか雨

雨だけがひとつぶ頬に 見上げればお寺の ...

天窓をあけると 銀色の夜風 私を抱くあ ...

雨…

そうよ だましたのは 私 心こわれたの ...

恋の雪別れ

雪の中を 黒い汽車が 今 遠ざかる 会 ...

恋にゆれて

人に言われ 幸せに 気がついた私は ...

逢いたくて北国へ

ひと目だけでも 逢えればいいと 夜汽車 ...

ひとり囃子

四条通りの 日盛りを 長刀鉾が通ります ...

雪あかりの町

角巻で泣きそうな 顔をかくして歩くのよ ...

泣きぬれてひとり旅

あの人を京都の街で見かけたと教えられた ...

いい気になるなよ

あたしが流した 涙も知らず やわな女と ...

漁火恋唄

誰にも言わずに 裏木戸をぬけて 海辺 ...