放浪記 歌詞

歌:村上幸子

作詞:星野哲郎

作曲:櫻田誠一

束ねた髪に ほこりをためて
一皿五銭の 菜を買う
灯りさざめく 帝劇も
宵の銀座の にぎわいも
知らぬ知らぬ他国の うつし絵か
青い青い秋刀魚の 目に涙

なんにも無けりゃ 男も逃げる
しかたがないのは わかっても
露地に蚊放り火
焚くころは
恋のみれんに 鳴子坂
憎い憎いあいつの 唇の
匂い匂い呑み消す 香り酒

斜めにしいた せんべい蒲団
疲れたネオンが のぞきこむ
情けひとすじ 義理みすじ
明日は下谷か 日暮里か
一人一人重ねた 放浪の
破れ破れ畳を 引きむしる

村上幸子について

1979年に「雪の越後をあとにして」でデビュー 1984年に「酒場すずめ」をヒットさせ、その後も「放浪記」「純情物語」などを歌った。 1990年7月23日死去
村上幸子の人気歌詞
京の川

生きるか 死ぬかの 恋をして 女は綺麗 ...

酒場すずめ

涙という木に 止まった鳥は 人のやさし ...

不如帰

命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 ...

それなりに青い鳥

爪を噛む 女にだけ 聴こえる あの歌は ...

盛り場かもめ

男の心は通り雨 気がつきゃもういない ...

にごりえ

灯り喰えて 沈む身に 似てやしないか ...