ふるさと 歌詞

歌:松山千春

作詞:松山千春

作曲:松山千春

喫茶店でほほづえついて
誰か待つよなふりをして
タバコの煙目にしみただけ
こぼれる涙ぬぐおうともせず
いなか者とは悟られぬ様
3杯目目のコーヒー頼んだ
いくら何でも3杯飲めば
それもしっかり飲みほせば
店の雰囲気冷たい視線
気まずい思いかみしめて
いやだいやだとつぶやきながら 人の波にのまれる

※夢なら今もこの胸の中
深くとじこめたまま 深くとじこめたまま※

緑の電車とびのる様に 街は灯をともしだす
電車の窓に息をふきかけ 指でなぞった故郷と
おされて気づきあわてて消した 小さく書いた故郷
電車を降りていつもの道を
ひとりトボトボ歩きだす
幸せそうな灯がもれる 一家だんらん笑い声
淋しくはない 空を見上げた 星はにじんで輝く

(※くりかえし)

急いで捜す公衆電話 百円玉の黄色いやつ
声がきこえる父さん母さん 強く受話器を握りしめ
帰りたいさ今すぐにでも それがいえずにそれじゃ又

(※くりかえし)
松山千春の人気歌詞

愛することに疲れたみたい 嫌いになった ...

大空と大地の中で

果てしない大空と広い大地のその中で い ...

旅立ち

私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃ ...

長い夜

恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追い ...

銀の雨

貴方と暮らした わずかな時間 通り過ぎ ...

君を忘れない

君は砕け散った 夢のかけら ひとつひとつ ...

人生の空から

深く耳をすませば 朝一番の汽笛 街はに ...

季節の中で

うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流 ...

春夏秋冬

季節のない街に生れ 風のない丘に育ち ...

君のために作った歌

何気なく口ずさむ 唄だけど せめて君に ...

僕なら

ひょっとしたら 午後から雨 傘も忘れた ...

君に

いつだって 前を向いて 夢を求めている ...

凡庸

何もできないと思い悩むよりは せめて悔 ...

初恋

恋のはじめは 切なくて 苦しむことと ...

かざぐるま

私の心は 貴方の うでの中 貴方の心は ...

つかの間のやさしさに 愛をゆだねて 貴 ...

貴方のことで

貴方のことで 心の中が あふれたのなら ...

純 -愛する者たちへ-

どんなに愛しても 愛したりない あなた ...

限りある命

もどらない若い日を 貴方と生きる ...