冬の駅 歌詞

歌:小柳ルミ子

作詞:なかにし礼

作曲:加瀬邦彦

白い 朝もや 流れる
冬の淋しい 停車場
あなたの無事を祈って
これが運命とつぶやくの
恋はすべてを奪って
汽車の窓から手をふる
愛はすべてを与えて
涙こらえて 立っている
ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に 乗って いきたかった
わたし恨んでいないわ
悲しい思いしたけど
恋に苦しむ女は
きっときれいになるという

夜の海辺に座って
遠くまたたく灯台
にじむ涙でみつめて
ひとりぼっちを かみしめる
恋は別れて終るの
なんの便りもくれない
愛は別れて始まる
心ひそかに 待っている
ひと駅だけでも あなたと一緒に
朝の汽車に 乗っていきたかった
わたし泣いたりしないわ
今も未練はあるけど
涙の河をわたって
人は大人になるという
そうよ 人は大人になるという
小柳ルミ子の人気歌詞
お久しぶりね

お久しぶりね あなたに会うなんて あれ ...

今さらジロー

あれは確か 二年前の雨降る夜に あたし ...

瀬戸の花嫁

瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ ...

春のおとずれ

春のなぎさを あなたとゆくの 砂に足跡 ...

星の砂

二度と出来ない恋を捨て あなた遠く 離 ...

お祭りの夜

泣かない約束をしたばかりなのに もう涙 ...

雪あかりの町

角巻で泣きそうな 顔をかくして歩くのよ ...

天窓をあけると 銀色の夜風 私を抱くあ ...

冷たくされて 今は飽きられ あなたのこ ...

漁火恋唄

誰にも言わずに 裏木戸をぬけて 海辺 ...

ひと雨くれば

人知れず 咲いた 紅い朝顔ひとつ 日照 ...

雨…

そうよ だましたのは 私 心こわれたの ...

愛のせいで…

愛のせいでいいじゃない 明日(あす)は ...