冬から春へ 歌詞

歌:三笠優子

作詞:中山大三郎

作曲:中山大三郎

おまえの流した 涙の数の
同じ数だけ しあわせを さがそうよ
そんなあなたの 言葉を胸に
生きて来ました ひたすらに
つめたい冬は まだ続くけど

一度つまずき 二度つまずいて
泣いてばかりの 暗い過去 忘れたい
ここでくじけちゃ おしまいだよと
いつもあなたに はげまされ
世間の目にも 耐えられました

私ようやく わかってきたの
どんな時にも あきらめちゃいけないと
きっと前みて 歩いて行くわ
あなた信じて 生きてゆく
花咲く春が 来るその日まで
三笠優子の人気歌詞
夫婦舟

この川がどこへ流れてゆこうとも 岸を離 ...

夫婦川

波の数ほどァ・・・・苦労の数が 寄せて ...

夫婦橋

苦労という字を 幸福と読み いつも笑顔 ...

人生

咲く花 散る花 この世のまゝに いつか ...

人生船

長い旅路に 疲れたからと くじけちゃ駄 ...

博多しぐれ

意地と人情の 筑前絞り 粋に捌くにゃ ...

大器晩成

花を咲かすが 人生ならば 花が実になる ...

ふたり坂

こんな男と 一緒では 淋しいだろうとい ...

~吉良の仁吉の妻~お菊残照

照るも曇るも 生きるも死ぬも 女いのち ...

女の一生

男と女が 命を重ね 結んだ縁が絆です ...

~東京下町~夜明け橋

都会の川には 浮かべる舟さえないけれど ...

春遠からじ

綺麗に咲いてる 花にもあるわ 寒さに耐 ...

下津井情話

縁(えん)もゆかりも ない船(ふね)だっ ...

小春王将

勝つか負けるか 勝負の読みは 駒に聞い ...

貝殻子守唄

海は日昏れる 船頭さんは 帰える 離れ ...

藤十郎

かりそめの 稽古芝居(けいこしばい)に ...

高瀬舟

ほどいた帯を たぐりよせ 抱かれりゃ切 ...

玄海おんな節

撥(ばち)をさばけば 天下一 お酒飲む ...

袖摺坂

言葉はなくても 目と目を見れば いまで ...

浪花の夢

銭が仇の 世の中だろと 俺は浪花の 夢 ...