火振り酒 歌詞

歌:野中彩央里

作詞:松井由利夫

作曲:高野かつみ

意地の火の粉は男の花だ
風はなくても花は散る
晴れた空でも雨は降る
にぎり拳を卍に組んで
暴れ四万十男の川に
火の粉散らせて火振り酒

水をかぶった沈下橋も
嵐過ぎればまた浮かぶ
生きる区別を四万十川の
水の鏡にうつして燃える
それがいごっそ火振り酒

意地によろけりゃ後がない
夢に迷えば明日がない
男いのちの一枚岩で
天下取る気で酔おうじゃないか
月の四万十火振り酒
野中彩央里の人気歌詞
郡上恋唄

郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の ...

津軽恋人形

お岩木山(いわきやま)から 紅葉の帯が ...

白い駅舎(えき)

私も泣いて あなたも泣いて 見送る夜明 ...

博多川

雨に打たれて 身を染める 咲いて七日の ...