雨の大阪 歌詞

歌:三門忠司

作詞:もず唱平

作曲:市川昭介

どうせ人生 お芝居よ
あんたのことも そのうちの
一と幕やったと 思えばすむわ
北の新地の女の蛇の目
今夜限りの相合傘を
雨よどうして涙に染める

本音いうたら 負けやから
黙って背中 向けたけど
辛抱出来へん 死ぬほど好きや
いまじゃ帰らぬ 想い出なのか
道頓堀の芝居に天神祭り
雨よどうして 涙に染める

昔人間かたぶって
一緒になれる 仲じゃない
ケジメをつけると 悩んだお方
たった二タ月 隠れるように
夫婦きどりで 暮らした日々を
雨よどうして 涙に染める

三門忠司について

昭和55年、30歳を越えた脱サラ歌手 三門忠司としてデビュー。「片恋酒」が25万枚のヒットとなり、大阪に三門ありの存在感を示す。その後「雨の大阪」等のヒットを飛ばし、浪花の演歌師と呼ばれるようになる
三門忠司の人気歌詞
雨降る波止場

倖せひとつ おまえにやれず うしろ姿を ...

夫婦みち

御前に惚れた そのひと言で あたしあん ...

博多時雨

一度惚れたら 心底つくす だから悲しい ...

大阪流転

風の寒さに 背中を丸め 歩く裏町 灯( ...

雨の居酒屋

あんなに愛した ふたりじゃないか なん ...

小判鮫の唄

かけた情が いつわりならば なんで濡れ ...

浪花侠客伝~木津の勘助

晦日(みそか)に茶ガユの ひと掬い せ ...

上州しぐれ

上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合 ...

男の足跡

男は生涯 一つの道に 拘りつづけて 光 ...

人生坂

間違いばかりを 探していたら 人は本音 ...

浪花の夫婦

苦労承知で 一緒になった それが浪花の ...

河内の次郎長

親の居る奴 幸福(しあわせ)もんさ 俺 ...

流転川

石が浮かんで 木の葉が沈む それが浮世 ...

なみだ裏町おとこ町

ふるい演歌を 背中で聴けば 心むかしに ...

ひとり涙

生きてここまで これたのは 運がよかっ ...

くれないの雨

雨が身をさす こころを砕く なみだも変 ...

送春賦

生きてゆくのは 働くことと 同じだった ...

流れて大阪

おれの人生傷だらけ お前も不幸な女だが ...

博多川

中州(なかす)のねおんに 咲く花は 朝 ...