雨に濡れた慕情 歌詞

歌:ちあきなおみ

作詞:吉田央

作曲:鈴木淳

雨の降る夜は 何故か逢いたくて
濡れた舗道をひとり
あてもなく歩く

※すきでわかれた あの人の
胸でもう一度 甘えてみたい
行きすぎる傘に あの人の影を
知らず知らずにさがす
雨の街角※

ひえたくちびるが 想い出させるの
傘にかくした夜の
別れのくちづけ
今は涙も かれはてた
頬に黒髪 からみつくだけ
ふりしきる雨に このまま抱かれて
ああ死んでしまいたい
落葉のように

(※くり返し)

知らず知らずにさがす
雨の街角

ちあきなおみについて

1969年「雨に濡れた慕情」でデビュー。1970年「四つのお願い」がヒット。1972年「喝采」で日本レコード大賞受賞。 1978年に俳優の郷鍈治と結婚、1992年に死別。これを機に芸能界を引退。
雨に濡れた慕情 のCD・楽譜
歌謡曲のすべて(上) No.1-927 (プロフェショナル・ユース)
【収録曲】・ゴンドラの唄船頭小唄麦と兵隊君恋し丘を越えて祇園小唄影を慕いて野崎小唄無情の夢国境の町旅笠道中二人は若い人生の並木路男の純情むらさき小唄流転別れのブルース雨のブルース湖畔の宿名月赤城山純情二重奏九段の母熱海ブルース長崎物語誰か故郷を想わざる誰か故郷を想わざる新雪リンゴの唄かえり船三百六十五夜星の流れに湯の町エレジー憧れのハワイ航路悲しき口笛長崎の鐘玄海ブルース青い山脈あざみの歌さくら貝の歌東京キッド白い花の咲く頃桑港(サンフランシスコ)のチャイナタウン越後獅子の唄リンゴ追分トンコ節赤いランプの終列車雪の降る町を高原列車は行く黒百合の歌君の名は岸壁の母お富さん東京だよおっ母さん東京アンナ別れの一本杉りんどう峠おんな船頭唄赤と黒のブルースリンゴ村からリンゴ村からチャンチキおけさ東京のバスガール錆びたナイフ雪の渡り鳥喜びも悲しみも幾歳月港町十三番地有楽町で逢いましょう黄色いさくらんぼ南国土佐を後にして僕は泣いちっち誰よりも君を愛すあいつ潮来笠潮来花嫁さん銀座の恋の物語・銀座の恋の物語・湖愁からたち日記王将おひまなら来てね上を向いて歩こう北帰行赤いハンカチ・島育ち・いつでも夢を大阪の女大阪の女遠くへ行きたい美しい十代男船高校三年生見上げてごらん夜の星を見上げてごらん夜の星を東京ブルースアンコ椿は恋の花霧の中の少女愛と死をみつめてソーラン仁義おんなの宿君だけを夜明けのうたさよならはダンスの後に新妻に捧げる歌二人の世界赤坂の夜は更けて愛して愛して愛しちゃったのよ女の意地赤いグラス学生時代新聞少年函館の女兄弟仁義夏の日の想い出涙の連絡船逢いたくて逢いたくて霧氷悲しい酒君といつまでも恍惚のブルースお嫁においで霧の摩周湖こまっちゃうナベッドで煙草を吸わないで君こそわが命虹色の湖小樽のひとよ旅鴉盛り場ブルース命かれても世界は二人のためにブルーシャトー夜霧よ今夜もありがとう京都の夜ゆうべの秘密骨まで愛して粋な別れ真赤な太陽知りすぎたのね恋の季節長い髪の少女あなたのブルースグッド・ナイト・ベイビー長崎ブルースバラが咲いた星影のワルツコモエスタ赤坂花と蝶ブルー・ライト・ヨコハマ小さなスナック好きになった人年上の女ああ上野駅酔いしれて熱海の夜恋泥棒雨に濡れた慕情・小さな日記・小さな日記長崎は今日も雨だった人形の家初恋のひとひとり寝の子守唄逢わずに愛して恋の奴隷君は心の妻だから夜明けのスキャット夜明けのスキャットフランシーヌの場合港町ブルース女のブルースおもいやり今日でお別れ昭和ブルース時には母のない子のようにみんな夢の中港町涙町別れ町いいじゃないの幸せならば花と竜恋人新宿の女国際線待合室あなたのすべてを別れのサンバ希望噂の女うしろ姿愛の旅路を白い蝶のサンバそっとおやすみ誰もいない海男と女のお話傷だらけの人生おんなの朝命預けます愛のきずな愛のフィナーレざんげの値打ちもない四つのお願い経験一度だけなら手紙笑って許して酔いどれ女の流れ歌狂った果実おふくろさん花嫁狂わせたいの純子ぼくの妹にわたしの城下町愛の始発また逢う日まで悪魔がにくい旅人よおまえによこはま・たそがれついて来るかい結婚しようよ望郷遠くはなれて子守唄黄色いシャツおんな道何故雨のバラード雨の慕情京都から博多まで終着駅花のメルヘンどうにもとまらないおまえとおれ夜空女のねがいひとりじゃないの瀬戸の花嫁せんせい旅の宿たった二年と二ヶ月で女のみちふりむかないでふたりづれ北国行きで矢切の渡し矢切の渡し虹をわたって怨み節倖せさがしてとまり木学生街の喫茶店若葉のささやきなみだ恋ひなげしの花昭和枯れすすき酒場にてわたしの彼は左きき危険なふたりくちなしの花なみだの操てんとう虫のサンバあなた神田川冬の旅うそ愛ひとすじ積木の部屋夫婦鏡片想い片想い襟裳岬私は泣いていますおんなの夢追憶二人でお酒をあなたにあげる理由ふれあいやすらぎ愛の執念旅愁心のこり水割り千曲川シクラメンのかほり22才の別れ想い出まくら中の島ブルースともしびロマンス北へ帰ろう時の過ぎゆくままに北の宿から今日の日はさようならあの日にかえりたいおよげ!たいやきくん横須賀ストーリー弟よわかって下さい花水仙ふたりぐらし恋人よ長崎の夜はむらさき別れの夜明けすきま風昔の名前で出ています夢追い酒みちづれもう一度逢いたい四季の歌青春時代あなただけをあなただけをメランコリーそんな夕子にほれました新宿・みなと町おゆき津軽海峡冬景色北国の春おもいで酒灯りが欲しい愛の水中花夫婦春秋酒と泪と男と女おんな港町星降る街角勝手にしやがれ別れても好きな人北酒場愛のメモリー長い夜抱擁飛んでイスタンブールお店ばなし時には娼婦のように居酒屋居酒屋UFO東京ららばい青葉城恋唄花街の母迷い道たそがれマイ・ラブルビーの指環LOVE(抱きしめたい)わかれ酒関白宣言夜のめぐり逢い亜紀子おまえとふたり・恋の町札幌・人生峠忘れてほしいおやじの海異邦人舟唄日本全国酒飲み音頭ブランデーグラス恋しくてふたり酒ひとりダンシング・オールナイトダンシング・ オールナイト大阪しぐれ花から花へと帰ってこいよ氷雨ふたりの夜明け奥飛騨慕情港ひとり唄みちのくひとり旅旅の終りに宗右衛門町ブルース人生かくれんぼもしもピアノが弾けたなら夫婦舟さざんかの宿つぐない花咲港北へ越前岬望郷酒場函館本線哀愁の高山ふたりの大阪風雪ながれ旅鳳仙花契り心の色聖母たちのララバイ待つわ加賀の女秋冬あなたひとすじシルエット・ロマンス大阪ラプソディー娘よ明日の詩裏町酒場夕焼け雲おんなの出船だんな様細雪夫婦橋夢芝居恋のフーガ兄弟船お嫁にゆけないわたしまわり道浪花恋しぐれCAT'S EYE・CAT'S EYE・シングル・アゲイン愛傷歌初恋愛の終着駅長良川艶歌ワインレッドの心もしも明日が…。浪花節だよ人生は泣かないで津軽平野空港涙のリクエストお久しぶりね片恋酒おはん夫婦坂椿散る宿越冬つばめ北の螢ミ・アモーレ女の酒ふたりのラブソング忍ぶ川女の港そして…めぐり逢いそして…めぐり逢い・そして… めぐり逢い・男じゃないかとんぼ祝い船ジュリアに傷心五番街のマリーへ俺ら東京さ行ぐだ恋一夜夜霧のハウスマヌカン演歌みち夢しずく波止場しぐれ抱きしめてTONIGHTチャコの海岸物語大阪つばめ浪花盃熱き心にセーラー服を脱がさないで恋におちて-Fall in Love-浮草情話雪國愛しき日々恋のバカンス乾杯・乾杯・木曽路の女女の駅夫婦善哉浪花そだち贈る言葉部屋とYシャツと私天城越え男と女のラブゲーム追憶無錫旅情ろくなもんじゃねえ命くれないさだめ川紅とんぼ京都去りがたし北緯五十度北の漁場雪椿それは…黄昏みだれ髪男と女のはしご酒すずめの涙人生いろいろ想いで迷子恋人たちの神話滝の白糸祝い酒人恋酒乱れ花北空港北空港港の五番町
ムード歌謡全曲集
【収録曲】・雨に濡れた慕情・ブルー・ライト・ヨコハマ・酔いしれて・たばこのけむり・つめ・愛は傷つきやすく・ベッドで煙草を吸わないで・今日でお別れ・君待てども・フランチェスカの鐘・あいつ・あなたならどうする・人形の家・いいじゃないの幸せならば・そっとおやすみ・喝采
ちあきなおみ大全集
【収録曲】・紅とんぼ矢切の渡し君知らずひとりしずかさだめ川都の雨に歳月河・情け歌・片情(かたなさけ)・逢いたかったぜ・未練ごころ・雨降る街角・流浪歌(たびうた)星の流れに・ネオン川・男の純情・帰れないんだよ・男の友情・かもめの街役者・喝采・雨に濡れた慕情
喝采/雨に濡れた慕情
【収録曲】・喝采・雨に濡れた慕情・喝采(オリジナル・カラオケ)・雨に濡れた慕情
ドーナツ盤メモリー~ちあきなおみ
【収録曲】・雨に濡れた慕情かなしい唇X+Y=LOVE・想い出なんてほしくない・別れたあとで変身・喝采・最后の電話夜間飛行・ニ年前の秋・円舞曲・女の旅酒場川矢切の渡し・喝采(オリジナルカラオケ)
ちあきなおみ ON STAGE(1973年 渋谷公会堂)
【収録曲】・CHIAKI NAOMI ON STAGE(1973 NEN SHIBUYA KOUKAIDOU)・別れたあとでもう忘れましょう・A FOOL SUCH AS I(ばかな私)・MELACCOLIE(メランコリー)・ギター仁義・無法松の一生・夜間飛行雨に濡れた慕情・バラードA・劇場・バラードB・喝采
ちあきなおみ リサイタル(1974年 中野サンプラザ)
【収録曲】・CHIAKI NAOMI RECITAL(1974 NEN NAKANO SUNPLAZA)・雨に濡れた慕情私という女夜間飛行四つのお願い・イロケの歌・帰らざる青春 HIER ENCORE・新宿情話・人生の並木路・命かれても・別れたあとで・うちへ帰るのがこわい J'AI PEUR DE REVENIR・そっとおやすみ・愛のフィナーレ・ボン・ボヮヤージュ BON VOYAGE
喝采~紅とんぼ・吉田旺 参分劇
【収録曲】・雨に濡れた慕情放されてルイ立待岬・恋文・・喝采・流浪歌・東京砂漠・ふたりの夜明け・秘愛・紅とんぼ

ちあきなおみの人気歌詞
夜へ急ぐ人

夜へ急ぐ人が居りゃ その肩 止める人も ...

黄昏のビギン

雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢 ...

冬隣

あなたの真似して お湯割りの 焼酎のん ...

紅い花

昨日の夢を 追いかけて 今夜もひとりざ ...

星影の小径

静かに 静かに 手をとり 手をとり あ ...

四つのお願い

たとえば私が 恋を 恋をするなら 四つ ...

ねえ、あんた

ねえ あんた なんかとってあげようか ...

紅とんぼ

空(から)にしてって 酒も肴も 今日で ...

祭りの花を買いに行く

祭りの花を買いに行く 村の鈴木商店へ ...

夜間飛行

最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指を ...

あなたのすべてを

名前も知らない 貴方と私 だのに不思議 ...

伝わりますか

淡い紅を かるくのせて 想い出追えば  ...

かもめの街

やっと店が終わって ほろ酔いで坂を下りる ...

役者

愛の幕切れは 涙の数だけ あんたの背中 ...

さだめ川

明日のゆくえ さがしても この眼に見え ...

ルージュ

口をきくのが うまくなりました どんな ...

帰れないんだよ

そりゃ死ぬほど 恋しくて とんで行きた ...

私という女

こぬか雨に 芯まで濡れて 消えたあなた ...

矢切の渡し

「つれて逃げてよ・・・」 「ついておい ...

酒場川

あなたの憎くさと いとしさが からだの ...