母ごよみ 歌詞

歌:原田悠里

作詞:木下龍太郎

作曲:伊藤雪彦

母のやさしい手枕で
眠りつくまで 子守唄
夢で 夢で 目覚めた時は
いつもさがした母の胸
こころやすらぐ おもいで暦

ひとりせっせと晴れ着縫う
頬にひとすじ ほつれ髪
とても とても 温かかった
日向みたいな 母の愛
知らず知らずに あふれた涙

苦労話もあるだろに
こぼさなかった 愚痴ひとつ
嫁ぐ 嫁ぐ その日が来たら
持って行きたい 母ごころ
数え切れない おもいで暦
ああ 忘れない 忘れない いついつ迄も
母のやさしい おもいで暦

原田悠里について

1982年6月「俺に咲いた花」(キングレコード)でデヴュー。。『木曽路の女』に代表される旅情演歌シリーズで100万枚のセールス記録を達成。1986年12月 「木曽路の女」第19回全日本有線放送大賞・特別賞受賞 1987年12月 「安曇野」第20回全日本有線放送大賞・優秀スター賞受賞 2001年12月 「三年ぶりの人だから」第43回日本レコード大賞金賞受賞 2002年12月 「おんな坂」第44回日本レコード大賞金賞受賞
原田悠里の人気歌詞
木曽路の女

雨にかすんだ 御岳さんを じっと見上げ ...

砂の道

指宿(いぶすき)行(ゆ)きの 列車に揺ら ...

安曇野

大糸線に揺られて着いた ここは松本 信 ...

あじさい橋

ひと雨ごとに 彩づきながら 咲いてあじ ...

明日の幸せ

雨に打たれて 散り急ぐ 花の哀れさ 愛 ...

津軽の花

真冬(ふゆ)の寒さに 耐えてこそ 花は ...

特攻の母

(セリフ) 知覧(ちらん)のお母さん泣 ...

古都旅情

女 ひとり 生きています 今日は古都の旅 ...

雪割草

遅い春でも根雪は溶ける 冬の寒さに耐え ...

人生夢桜

夢という名の 根を張って 空に大樹(た ...

秘恋

泥にまみれて 咲いても花よ まして命を ...

秋月の女(ひと)

風の噂に 誘われながら 訪ねて来ました ...

倉敷川

雨よなぜなぜ 私を泣かす 水面に白壁 ...

むらさき小唄(歌謡浪曲入り)

流す涙が お芝居ならば 何の苦労も あ ...

鎌倉の女

ねぇあなた… しのび雨ね 鎌倉の 紫陽 ...

ビロードの夢

眠れないほど 悲しい夜に あなたの歌で ...

萩しぐれ

あなたと旅した 想い出を 抱きしめ辿( ...

恋女房

一緒に歩いた 苦労で決まる 夫婦(めお ...

佐原雨情

雨のしずくに 濡れて咲く あやめは紫 ...

涙しぐれ

心の傷あと かぞえて眠る そんな女の ...