花友禅 歌詞

歌:真木由布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

帯をほどいて あなたにすがりゃ
夢も心も 燃えたのに
それが出来ない恋でした
許してしまえば よかったものを
人眼逃れて花友禅の
袖にみれんを あー抱いて泣く

恋に生命を 託した身なら
怖いものなど なかったに
なんでひと夜を避けたやら
抱かれてしまえばよかったものを
女絵模様花友禅の
胸に残るは あー悔いばかり

叶うことなら縁の糸を
結び直して 生きたいの
願う黄昏 鐘が鳴る
甘えてしまえば よかったものを
あなた恋しい 花友禅の
肩に乱れる あー まよい髪
真木由布子の人気歌詞
港町ひとり

行かないで 行かないで 引き止めて い ...

大阪マンボ

マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン ...

月夜舟

雨が邪魔して 泣かせた恋を 月が逢わせ ...

ほろ酔い酒

お前にゃ苦労の かけ通し いまさら な ...

なみだ雪

二人でいてさえ 寒いのに とても独りじ ...

えにし川

情ほしさに 涙をしぼる しぼる涙が 又 ...