花街の母 歌詞

歌:金田たつえ

作詞:もず唱平

作曲:三山敏

他人にきかれりゃ お前のことを
年のはなれた妹と 作り笑顔で 答える私
こんな苦労に キリつけて たとえひと間の部屋でよい
母と娘の 暮しが欲しい

いくらなじんだ水でも 年頃の娘のいる
左褄(ひだりづま)
住みにくうございます
浮名を流した昔もありましたが…
ああ あのひと
私を残して死んだ あの人を恨みます

厚い化粧に 憂いをかくし
酒で涙をごまかして 三味にせかれて つとめる座敷
あれが子持ちの芸者だと バカにされても夢がある
それはお前の 花嫁姿

女の盛りはアッという間です 若い妓の時代
もう私はうば桜 出る幕ないわ
でも もう少し この花街に 私を置いて下さい
せめてあの娘に いい花聟が 見つかりますまで

何度死のうと 思ったことか
だけど背で泣く 乳呑児の 声に責められ十年過ぎた
宵に褄とる女にも きっといつかは幸福が来ると
今日まで 信じて生きた

金田たつえについて

1969年(昭和44年)、「江差音頭」で民謡歌手としてデビュー。 1973年「花街の母」が全国的な大ヒット曲となり、15年間で250万枚以上を売り上げた。1979年には、『NHK紅白歌合戦』に初出場。
金田たつえの人気歌詞
しのび恋

一つの傘を 二人で持って 人目をさける ...

夫婦駒

将棋が女房と 啖呵をきって 独りあなた ...

人妻

しあわせあげると言われた人に すがれぬ ...

お母さん

どなたですかと 他人のように わたしを ...

終着駅から

終着駅から 届いた手紙 胸にたゝんで  ...

大阪情話

お父ちゃんを買うてと 泣きじゃくる 不 ...

湯の町椿

かくれ咲きした 椿の花に どこか似たよ ...

母恋巡礼

あれもこれもと 想っていても 夢で終っ ...

阿波の恋唄

エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨ ...

夢螢

季節はずれの 螢がひとつ そっとあなた ...

黒髪ざんげ

罪を背負って この世の中に 女は生まれ ...

女の暦

愛することに 疲れても それでも二人は ...

夫婦蛍

暗い夜空に 青い灯が 二つ仲良く 飛ん ...

湯の町情話

窓の下から ささやくような 川のせせら ...

心は錦を着ています

たとえ北風 吹き荒れようと 雨に濡れて ...

~坂本龍馬~ 青嵐の夢

ワシがやらんで 誰がやる 賭けて悔いな ...

~坂本龍馬~ 青嵐(せいらん)の夢

ワシがやらんで 誰がやる 賭けて悔いな ...

桜紅葉

紅葉(もみじ)しました 我が家の桜 元 ...

博多恋ごよみ

飲んで 嬉しい お酒もあるが 酔うて ...