涙の最終列車 歌詞

歌:八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:野崎眞一

帰らないでと すがって泣けば
あなたはこのまま いてくれますか
窓の硝子を 叩いても
おんなごころが 届かない
わたしも行きたい・・・・・・・・
別れのベルが鳴る 最終列車

顔をかくした コートの襟に
霧が降ります プラットホーム
くちの動きで 解るから
言って下さい ねえあなた
愛しているよと・・・・・・・
ふたりを引き離す 最終列車

赤いランプが 螢のように
揺れて流れて 未練がのこる
いのち燃やした 恋だもの
信じたいのよ いつまでも
あなたを待ちます・・・・・・・
夜霧に消えてゆく 最終列車

八代亜紀について

昭和46年9月テイチクより「愛は死んでも」でデビュー。翌年、NTV「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きチャンピオンとなったのをきっかけにメジャー化。「舟唄」、「雨の慕情」等のヒット曲で有名。女優として映画・舞台でも活躍。また、絵画の腕前も一流で自身の個展を多数開催。
八代亜紀の人気歌詞
舟唄

お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった ...

雨の慕情

心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えて ...

愛の終着駅

寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあ ...

なみだ恋

夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 ...

おんな港町

おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが ...

もう一度逢いたい

あんな男と 言いながら 今日も来ました ...

別れても好きな人

別れた人に会った 別れた渋谷で会った ...

ともしび

あなたの命の ともしびが もうすぐ消え ...

花束(ブーケ)

※ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず ...

恋瀬川

あなたと私の さだめの川は 情通わす ...

愛の執念

おぼえていてよ ねえあなた わたしがも ...

花水仙

鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえ ...

愛ひとすじ

恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました ...

港町絶唱

こんな私も 春には都会で 笑いころげて ...

だいじょうぶ

優しいふるさと 後にして 何度も何度も ...

おんなの夢

一度でいいから 人並に あなたの妻と ...

しのび恋

逢いに行きたい 逢うのがつらい 誰も許 ...

かもめの歌

注ぐひとと 飲むひとと だんまりで む ...

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽く ...