あばれ太鼓 歌詞

歌:坂本冬美

作詞:たかたかし

作曲:猪俣公章

どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか
あれも夢なら これも夢
愚痴はいうまい 玄界そだち
男命を 情にかけて
たたく太鼓の 暴れ打ち

酒と喧嘩は あとへはひかぬ
意地と度胸の 勇み駒
惚れちゃならない 義理あるひとに
知って照らすか 片割れ月に
男泣きする 松五郎

櫓太鼓の 灯がゆれて
揃い浴衣の 夏がゆく
ばちのさばきは 人には負けぬ
なんでさばけぬ 男のこころ
小倉名代は 無法松

坂本冬美について

NHK「勝ち抜き歌謡天国」(和歌山大会)で名人となる。審査員・猪俣公章氏に認められ、86年4月上京。内弟子として11月まで過ごす。87年「あばれ太鼓」でデビュー。88年第39回NHK紅白歌合戦「祝い酒」で初出場。
坂本冬美の人気歌詞
夜桜お七

赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる ...

また君に恋してる

朝露が招く 光を浴びて はじめてのよう ...

男の火祭り

日本の男は 身を粉にして働いて 山に海 ...

俺でいいのか

惚れた男(あんた)の ためなら死ねる ...

喝采

いつものように幕が開き 恋の歌うたうわ ...

祝い酒

浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおま ...

火の国の女

肥後は火の国よ 恋の国 燃える中岳よ ...

幸せハッピー

大切なものは何だと 聞かれて考えた よ ...

能登はいらんかいね

欠けた徳利に 鱈子のつまみ 酒の注ぎ手 ...

螢の提灯

女の方から通って行くなんて 心ないとか ...

凛として

日が昇り 日が沈む 春が来て 夏が行く ...

地上の星

風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな ...

風鈴

風鈴の小さな音色が とても好きよと 楽 ...

女は抱かれて鮎になる

風が鳴く 雲が啼く 霧に隠れて山が哭く ...

百年先も手をとりながら

流れる川の 水面に映る 葉影の色は ...

時の過ぎゆくままに

あなたはすっかり 疲れてしまい 生きて ...

雪国 ~駒子 その愛~

トンネル抜けたら そこは雪国 駒子は氷 ...

大志(こころざし)

男ふりだし ないないづくし 汗水ながし ...

星影のワルツ

別れることは つらいけど 仕方がないん ...