度胸人生 歌詞

歌:野中彩央里

作詞:富田洋行

作曲:高野かつみ

男涙を噛みしめて
怒るばかりが能じゃない
意地で生きぬくこの俺だけど
無理を通せば情けが絡む
度胸人生
あえて修羅場の道を行く

義理の為ならこの命
捨てる運命のにごり水
酒と女にゃ目がない俺も
濡れてすがれば涙がほろり
度胸人生
ないてくれるな夜の風

命張っての生きざまも
可愛いあいつがいるかぎり
何処で嵐の呼ぶ声きけど
男一文字後には退けぬ
度胸人生
義理に竿差し生きるのさ
野中彩央里の人気歌詞
郡上恋唄

郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の ...

津軽恋人形

お岩木山(いわきやま)から 紅葉の帯が ...

白い駅舎(えき)

私も泣いて あなたも泣いて 見送る夜明 ...

博多川

雨に打たれて 身を染める 咲いて七日の ...