津軽平野 歌詞

歌:千昌夫

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

津軽平野に 雪降る頃はヨー
親父ひとりで 出稼ぎ仕度
春にゃかならず 親父は帰る
みやげいっぱい ぶらさげてヨー
淋しくなるけど 馴れたや親父

十三みなとは 西風強くて
夢もしばれる 吹雪の夜更け
ふるな ふるなよ 津軽の雪よ
春が今年も 遅くなるよ
ストーブ列車よ 逢いたや親父

山の雪どけ 花咲く頃はよ
かあちゃんやけによ そわそわするネー
いつもじょんがら 大きな声で
親父うたって 汽車から降りる
お岩木山よ 見えたか親父

千昌夫について

1965年 高校2年の春休みに上京、その足で作曲家遠藤実先生の門をたたく。1965年9月 ミノルフォンレコード発足と同時に男性歌手第一号として『君が好き』でデビュー。 1966年3月 3枚目のシングルのB面『星影のワルツ』をリリース。 1967年 『星影のワルツ』が各地の有線放送で火がつきヒットの兆し。 1968年2月 第一プロダクションに所属。『星影のワルツ』が大ヒット。ミリオンセラーとなり、その年のNHK紅白歌合戦に初出場。1977年4月 『北国の春』を発売。2年間辛抱強くよく歌い続け大ヒットに結び付ける。その後、レコー ド大賞ロングセラー賞を受賞。 1991年3月、 久々に『おやじ先生』を発売し、歌手復帰。 1992年12月 新録音にて『あんた』を再リリース。 本格的に歌手活動再開。
千昌夫の人気歌詞
星影のワルツ

別れることは つらいけど 仕方がないん ...

北国の春

白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 ...

味噌汁の詩

(セリフ)しばれるねぇ 冬は寒いから味噌 ...

夕焼け雲

夕焼け雲に 誘われて 別れの橋を 越え ...

望郷酒場

おやじみたいなヨー 酒呑みなどに なら ...

君がすべてさ

これきり逢えない 別れじゃないよ 死に ...

アケミという名で十八で

波止場でひろった 女の子 死にたいなん ...

人生に乾杯

乾杯しようぜ 久しぶり オジンと言われ ...

あんた

コップ一杯 飲む酒も なぜか淋しい 今 ...

おふくろ

子供の頃には こわかった その目も今は ...

三拝云~ありがとう

そよそよとふく風の様な島人達の 変らな ...

幸せぐらし

ひょんな出会いで 一緒になって 二人三 ...

懐かしの人

噂に負けて 別れたけれど すもものよう ...

中年ブルース

学校帰りの 畑から きゅうりやトマトの ...

いっぽんの松

波がさらった 七万本の 陸前高田の 松 ...

乾杯しようぜ

乾杯しようぜ 久しぶり オジンと言われ ...

やいま(八重山)

海を見れば 故郷思い出し 山を見れば ...

夢追い人

別れ人 思いで人 夢追い人 この雨がや ...

ふるさとの四季をうたう

春は 菜の花が揺れていた あの頃の母さ ...