幾時代ありまして 歌詞

歌:一世風靡SEPIA

作詞:SEPIA

作曲:芳野藤丸

好きな物程とりあげられ
俯く癖がついた
好きな人程離ればなれ
さよなら癖が染みる

幾時代ありまして
殴りあいや激論の末に
どうにかこうにか落ち着いて
今じゃ心の形も分かる
どうにかこうにか吹き過ぎて
此処でもう一と殷盛(さか)り

喜び過ぎず悲しまず
ひとつひとつに躊躇(ためら)う

幾時代ありまして
唾のかけあいや詰(なじ)りあいも
どうにかこうにか落ち着いて
今じゃ心の扉開けたまま
どうにかこうにか流れ着き
此処でもう一と殷盛り

どうにかこうにか落ち着いて
今じゃ心の瞳も見える
どうにかこうにか辿り着き
此処でもう一と殷盛り
一世風靡SEPIAの人気歌詞
前略、道の上より

素意や 素意や~ 咲きほこる花は散 ...

花鳥風月

目の前を過(よ)ぎった 総てに背を向けて ...

SHIBUYA

人の波の中を お前の手を引いて 俺の街 ...