無事なる男 歌詞

歌:エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり
毎日いそいそと仕事へ出かけ
休日には家族と 心からくつろいだ
「学生の無駄話」忘れたようだ
奥さんにプレゼント 照れながらわたした
この男にして口ぐせがある 俺にいつも言ってた

「だってそうだろう。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。
もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」

うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり
毎日いそいそと仕事へ出かけ

俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす
恋の始まりは終わりの始め
この世は闇の始め
道徳を枷にした恋人を敵にした
この俺にしても妙な口ぐせ 俺はいつも言ってた

「こんなもんかよ。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。
もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」

俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす
恋の始まりは終わりの始め
この世は闇の始め

無事なる男よ
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
孤独な太陽

歌:エレファントカシマシ

ぶらぶらと帰り道 夜空を見上げたら 月 ...

TEKUMAKUMAYAKON

歌:エレファントカシマシ

帰りたい 帰れないあの頃に 戻りたい  ...

新しい季節へキミと

歌:エレファントカシマシ

感じる戸惑いためらいそして 昨日はキミ ...

エレファントカシマシの人気歌詞
俺たちの明日

さあ がんばろうぜ! オマエは今日もど ...

四月の風

何かが起こりそうな気がする 毎日そんな ...

今宵の月のように

くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして ...

歴史

歴史 青年期 あらゆる希望を胸に いきり ...

悲しみの果て

悲しみの果てに 何があるかなんて 俺 ...

ハナウタ~遠い昔からの物語~

遠い昔からの物語 波にきらめく泡つぶだ ...

風に吹かれて

輝く太陽はオレのもので きらめく月は ...

ふたりの冬

君が笑えば 町も笑うさ そう 輝く季節 ...

笑顔の未来へ

愛しい人涙落ちて 目の前が暗くなって ...

ガストロンジャー

お前正直な話率直に言って日本の現状をどう ...

奴隷天国

※太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往 ...

あなたのやさしさをオレは何に例えよう

古い美術館に眠る 大切な宝物 夏の陽に ...

ゴクロウサン

おかげさまだよ あんたのおかげで 心は ...

昔の侍

※昔の侍は 自ら命を断つことで 自ら ...

大地のシンフォニー

孤独な心に届いたその手紙 「つつがなく ...

それを愛と呼ぶとしよう

Baby 忙しき日々にお前を連れて再びど ...

暑中見舞-憂鬱な午後-

晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 ...

新しい季節へキミと

感じる戸惑いためらいそして 昨日はキミ ...

月夜の散歩

君と歩く 月の夜に いつもの川の道を ...

花男

ニタリ ニタリと策士ども 転ばぬ先の杖 ...