ファイナル トライ 歌詞

歌:一世風靡SEPIA

作詞:セピア

作曲:後藤次利

季節がクルクルと 変わっちまって
おまけにチックタックと 時刻(とき)も過ぎてく
季節がクルクルと 転がり続ける
おまけにチックタックと 時刻は流れた

あの頃と呼ぶじゃ 早過ぎるぜ
昨日と呼ぶには やけに遠く (ここらで掴まるか?)

※群れから離れていく 痩せた道化師
つくり笑い浮かべながら ただとぼとぼ当て所無(どな)く
ところが時刻は流れ そんな奴達が
いつか帰る場を見つけて 愛しい香りと寄せる
(I JUST TO DO.) ファイナル トライ※

記憶がフラフラと 薄れちまって
おまえにクラクラと ホレた事さえ

あの頃と呼ぶじゃ 早過ぎるぜ
あの頃の想い やけに遠く (ここらで掴まるか?)

何を信じていいか 黒の道化師
湿気た涙流しながら ただよろよろ当て所無く
ところが洒落にならぬ そんな奴達も
いつか小さな鍵を拾い 恋しい人へと靡く
(I JUST TO DO.) ファイナル トライ

(※くり返し)
一世風靡SEPIAの人気歌詞
前略、道の上より

素意や 素意や~ 咲きほこる花は散 ...

花鳥風月

目の前を過(よ)ぎった 総てに背を向けて ...

SHIBUYA

人の波の中を お前の手を引いて 俺の街 ...